劇団B級遊撃隊/香港話劇團『ぬけがら/脱皮ぱぱ』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

劇団B級遊撃隊/香港話劇團

劇団B級遊撃隊プロデュース/香港話劇團 連続公演

『ぬけがら/脱皮ぱぱ』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2014年5月31日(土)〜6月1日(日)
会場 長久手市文化の家
〒480-1166 愛知県長久手市野田農201番地
PR・解説 「ぬけがら」は主宰、佃典彦が岸田國士戯曲賞を受賞した作品。元々は文学座に提供された作品である。現在まで全国各地の様々な劇団によって上演されてきているが、佃が演出をしたことはなかった。今回の公演では作者である佃自身によって演出がなされる初めての公演となる。キャスト陣には劇団員以外にも、佃により呼び集められた同じ東海地区において活躍している俳優が加わっており、話題性も十分な公演となっている。また今回の公演は2011年に香港にて「ぬけがら」の翻訳上演を行い、香港最大の演劇賞である香港舞台劇奨の最優秀演出賞他、主要7部門を独占受賞した、香港の最も歴史と規模のあるプロ劇団、香港話劇團との連続上演となっている。劇団B級遊撃隊バージョン、香港話劇團バージョンの両方を観劇できるチケットもあり、お客様により一層楽しんでいただける内容となっている。今回の公演により東海地区における演劇界の活性化を促進し、そして全国的にも話題をさらうものにしたいと考えている。
ストーリー なにをやってもうまくいかない男は、妻に先立たれた認知症の父親の面倒をみることになる。しかしその父親がトイレに入ったきりでなかなか出てこない。そこでおそるおそるトイレのドアを開けてみると、そこには、中身のないフニャフニャの父のぬけがらだけが残されていた。
 その後もさまざまな場所で脱皮を繰り返し、そのつど若返っていく父親は、しまいには男よりも若くなってしまう。
スタッフ スタッフ 舞台監督:近藤朋文 音響:椎名KANS(Garage Inc.) 照明:坂下孝則 銅版画:森田朋 宣伝美術:KINGS ROAD 
制作:劇団B級遊撃隊制作部 主催:劇団B級遊撃隊 共催:香港話劇團 長久手市文化の家
キャスト 「ぬけがら」
平塚直隆(オイスターズ)、小熊ヒデジ(てんぷくプロ)、木村庄之助、神谷尚吾(劇団B級遊撃隊)、いちじくじゅん(てんぷくプロ)、池野和典(劇団B級遊撃隊)、吉村公佑(劇団B級遊撃隊)、中田裕子(フリー)、山口未知(劇団B級遊撃隊)、長嶋千恵(劇団B級遊撃隊)、鹿目由紀(劇団あおきりみかん)
「脱皮ぱぱ」
辛偉強、周志輝、孫力民、高翰文、潘燦良、林沛濂、凌文龍、梁菲倚、陳煦莉、張紫
お問い合わせ 劇団B級遊撃隊
05-2752-6556
bkyuyugekitai@nifty.com
劇団B級遊撃隊ホームページ

チケット発売日

2014年4月12日(土)

入場料金

1公演券3,500円/トークセッション券500円/セット券(B級+香港話劇團+トークセッション券)6,000円(全席自由・税込)

※未就学児入場不可
※前売りで完売の場合、当日券の販売はありません。

チケット発売窓口

劇団B級遊撃隊 05-2752-6556
e-mail:bkyuyugekitai@nifty.com

チケット販売サイトへ

長久手市文化の家 05-6161-2888
※電話予約は発売日の翌日から
Nピア(アピタ長久手店2階) 05-6163-9200
※窓口販売のみ
愛知県芸術センターPG 05-2972-0430
10:00〜19:00 土日祝は18:00まで

公演日程

2014年5月31日(土) 〜 6月1日(日)

2014年5月

25 26 27 28 29 30 31
  • 13:30☆
  • 18:30★
  •  

2014年6月

1
  • 13:30★
  • 17:00☆
  •  
2 3 4 5 6 7
☆:香港話劇團
★:劇団B級遊撃隊
5月31日13:30の回終演後、演出家トークセッションあり

情報登録:劇団B級遊撃隊

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=32499

トラックバック一覧