激団リジョロ『サーカス』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

激団リジョロ

激団リジョロ第二十一回公演

『サーカス』

  • 公演中
  • 当日券情報あり
拡大画像を見る
表面|
裏面|

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2014年6月19日(木)〜6月24日(火)
会場 ザムザ阿佐谷
〒166-0001 東京都杉並区阿佐谷北2-12-21 ラピュタビル B1F
PR・解説 構想10年、“光”の大長編2部作の後編は壮大なスケールでお送りする“闇夜のサーカス”
激団リジョロの人間賛歌、堂々の完結!!
ストーリー 神出鬼没、すっかり寝静まった夜更けであり、深緑の人知れぬ場所であり、都会の
細路地の片隅の扉の向こうでそれは行われ、望めばそれは姿を現す。
 ギシギシと貼られたツギハギだらけの暗闇のテント。しなびた梯子と所々に千切れたロープがブラリ。敷き詰められた板に薄く光が差し込み、そのテントの傾きに顔を歪めるや否や、瞬く間に異形の道化が客席を取り囲み、血塗られた団長が開演の幕を告げると共にパペットマンが人を奏で、音楽家はテント中に怒りの鍵盤を響き渡らせる。乱れる演舞に飛び交うナイフ、少女のコールに猛獣は雄叫びを上げ、未曽有の巨人がのっそりと舞台に顔を出す。
 奇異な団長に率いられたそれは『さかぼしサーカス団』。迷い込んだ男はそれを知らない。望んだ事も、抱いた夢も。そこにいる者達はいつしか忘れた。見上げるという事を。
 しかし少女は暗闇の中に“光”を灯し、今もなおライムライトを頑なに望み続けていた。
 それでも時と共に忘れ去られ、消えゆく運命のサーカス団。混沌と失望の中、少女はかつての場所に戻る事を知り希望と光の鞭をふるうべく、かの人が待つステージに向かう。
 そして男は頭上に高く張られたロープに乗り、長い年月を歩むがごとく、男は決死の覚悟でラスト・アクトに挑む・・・・・
スタッフ 脚本・演出=JIN
キャスト 斎藤このむ こんどうひろこ 金光仁三 小中文太 星野桃子 東浩輝 たじり貴史 高尾勇次 ほか
お問い合わせ 劇団
080-6598-0056
http://www.rigolock-hitman.com

チケット発売日

2014年4月1日(火)

入場料金

前売り3,300円(全席自由・税込)

・学割は大学、専門学生まで可
・マチネ撮影特別割は20日(金)13:00〜のみ
・公式HPスーパーシート予約は公式HPでのみ販売

チケット発売窓口

激団リジョロ 080-6598-0056

チケット販売サイトへ

当日券情報 開演30分前より劇場にて販売

公演日程

2014年6月19日(木) 〜 6月24日(火)

上演時間 約2時間50分
(休10分)

2014年6月

15 16 17 18 19
  • 19:00
  •  
  •  
20
  • 13:00★
  • 19:00
  •  
21
  • 13:00
  • 18:00
  •  
22
  • 13:00
  • 18:00
  •  
23
  • 19:00
  •  
  •  
24
  • 13:00
  •  
  •  
25 26 27 28
★マチネ撮影特別料金 2,800円(*当日撮影が入ります)

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=32507

トラックバック一覧