ttu『おやすみカフカ』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

ttu

ttu vol.5

『おやすみカフカ』どうぞ私を夢だと思ってください

  • 公演中
  • 当日券情報あり
拡大画像を見る
表面|
裏面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2014年5月9日(金)〜5月11日(日)
会場 STスポット
〒220-0004 神奈川県横浜市西区北幸1-11-15
PR・解説 2013年の福岡演劇フェスティバルにて行われた
「創作コンペティションvol.4」上演審査。
そこで見事最優秀作品賞を射止めた、演劇ユニット、t t u(ティーティーウー)。
2014年は新作を上演する、初横浜・福岡の2都市ツアー!

扱う題材は、フランツ・カフカ。
カフカといえば有名な作品に「変身」があります。
「変身」は朝目が覚めたら虫になっているという話ですが、
本公演では小作品を再構成し、まさに夢を見ている、
執筆しているカフカそのものを遊びます。
ストーリー たいてい、会いたかった人はみんな死んでいる。わたしにとってカフカはそのうちのひとりである。
死んだ人にもう一度会いたくて演劇をやっている節があるけれど、実際演劇をしなくても会える方法がひとつだけある。夢をみることだ。

カフカは夢についての手稿や、あるいはまるで夢のような作品を多く遺しているが、彼自身はサラリーマンと作家のダブルワークも手伝って常に眠りに飢えていた。その睡眠時間をさいて生み出されたのが数多の作品である。

「夢は表象の及ばない現実を暴き出す。これが生における恐怖であり、芸術における震撼だ。」
By カフカ

「変身」が夢から覚めたあとの話なら、まさに夢を見ている=執筆しているカフカをあそびたい。

もしかしたら、生涯、話した言葉より書いた文字の方が多かったかもしれない作家のイタコになるんじゃないけど、その書き出たら滅多なことでは止まらないペンの運動さながらに身体を酷使した激しいカフカ(笑)に出会いたいと思う。
スタッフ 舞台監督/浦本 佳亮(+至福団) 照明/阿久澤 梢 音響/中村 光彩 演出助手/吉田 六助 衣装/引田 結香
宣伝美術/横田 結子 制作補佐・当日運営/高松 章子 プロデューサー/増永 紋美
キャスト 入福 啓介/岩崎 彩葉/田中 蕗子/林 誠太郎/槙 悠吾
お問い合わせ ttu
info.t2u@gmail.com
ttu公式サイト

チケット発売日

2014年3月17日(月)

入場料金

前売2,500円/当日2,800円(全席自由・税込)

チケット発売窓口

ttu公式サイト

チケット販売サイトへ

当日券情報 当日開演15分前より受付にて販売 2800円

公演日程

2014年5月9日(金) 〜 5月11日(日)

上演時間 約90分予定

2014年5月

4 5 6 7 8 9
  • 19:30
  •  
  •  
10
  • 14:00
  • 18:00
  •  
11
  • 14:00
  •  
  •  
12 13 14 15 16 17

情報登録:ttu

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=32578

トラックバック一覧