あごうさとし『−複製技術の演劇− パサージュ3』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

あごうさとし

第9回アトリエ劇研舞台芸術祭参加

『−複製技術の演劇− パサージュ3』ヴァルター・ベンヤミン最後の30分

  • 公演中
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2014年7月4日(金)〜7月6日(日)
会場 アトリエ劇研
〒606-0856 京都府京都市左京区下鴨塚本町1
PR・解説 「演劇は原則的に複製可能である」
本作は、2012年より手がける、連作「パサージュ」の完結作品。演劇の複製可能性について、一連の実験作を通じて検証してきました。今回は、「演劇は複製可能である」という結論を導くための手法の構築をめざします。言い換えれば、演劇においての空間と俳優の存在を問い直す作業を行います。

主旨
■演劇の構成要件として「声」の存在が必須であるという仮説を実証する
■演劇作品に適した身体とは何か?を検証する

「連作パサージュについて」
「パサージュ1」では、俳優のアウラは複製できるかという問いかけから始めました。実寸大のベンヤミンを演じる俳優(あごう)の「映像」が、主人公で、生のパフォーマンスは40分の上演時間中、ほんの5分程度のものでした。映像と生の俳優の役割を反転させた作品です。「パサージュ2」の主題は、観客の身体が、劇空間を担えるかという試みでした。現代美術作家のやなぎみわ氏がデザインした駅のプラットフォームを模した舞台美術。観客は、全員舞台上の任意の場所で、観劇頂くという趣向でした。プラットフォームで立ったり座ったりしているお客さんの中で、演技と演出を展開しました。お客さんの存在、気配、或いは照明や映像の光で壁一面に映し出される影は、駅で電車を待つ人々であり、ヒトラーの演説を聴く大衆であり、ベンヤミンにとりつく「せむしの小人」にもなるというものでした。
これらの取り組みを踏まえて、今作「パサージュ3」では、生のパフォーマンスを行う「俳優」を登場させずに、戯曲と演出と観客の存在だけで、演劇空間を紬だそうという試みです。
ストーリー 「ベンヤミン最期の30分」を演劇化 【上演時間約30分】
ポルトボウで、モルヒネ自殺をしたドイツの文芸評論家、哲学者、翻訳家、社会学者ヴァルター・ベンヤミンの最後の30分を演劇化します。今正に死を迎えようとするベンヤミンは、生死の敷居を超えて幼い頃から見えていた「せむしの小人」と対峙します。歴史を動かすせむしの小人は、絶えずベンヤミンの側におり、彼をまた死に導こうとします。それは小人を仲介者として同時に、救済の時間を告げるものでもあります。ここでいう救済とは、全ての忘れ去られた記憶が蘇ってくる時間というものです。忘れられた様々の記憶は、「物」を通じて、ベンヤミンの視界に入り込んできます。カフカのオドラデクのような、通常生きている人間には見えない造形が現れます。最後に、ベンヤミンの自我は解体され、記憶の中に溶け込んでいきます。その記憶とは、純粋言語とベンヤミンが呼んだ聖なるエクリチュールとして還元されようとします。

「せむしの小人」或いは「忘れられた記憶」
俳優不在という身体の欠如感を利用し、その場にいる観客の身体が時にヴァルター・ベンヤミンに、時に小人に時に記憶として登場します。観客には、観客席は与えられず、劇空間の任意の場所で鑑賞し、登場します。劇場空間において意識されていない観客の身体の意識化は、本作品の主要な登場要素である、「せむしの小人」或いは「忘れられた記憶」を現象化するのに最適の身体性だと予測しています。

******************
ヴァルター・ベンヤミン(Walter Benjamin1892-1940)
ユダヤ系ドイツ人の文芸評論家、思想家、翻訳家、エッセイスト。1935年に書かれた代表作「複製技術の時代における芸術作品」で、映画・写真などの複製技術における芸術・社会への影響を考察。第2次大戦中、ナチスから逃れるため、フランスからさらにスペインの亡命を企てるも、入国を拒否され自殺したとされる。
スタッフ 作・演出:あごうさとし / ドラマトゥルク:仲正昌樹(金沢大学法学類教授)
舞台監督:浜村修司/ 照明:池辺茜 /音響:小早川保隆 / 映像:三谷正(PixelEngine LLC.)/ 造形:原泰英 / 制作:井上美葉子(ARTCABINET)

主催 特定非営利活動法人劇研・アトリエ劇研|助成 公益財団法人大阪コミュニティ財団・大塚伸二基金・公益財団法人全国税理士共栄会文化財団
お問い合わせ アトリエ劇研 
075-791-1966
受付時間 平日10:00〜18:00

チケット発売日

2014年5月1日(木)

入場料金

前売券(スタンディング)2,500円/当日券(スタンディング)2,800円(税込)

*開演の30分前より受付開始、15分前より開場
*各回終演後にポストトークを開催 (詳細は決まり次第当サイトにて発表)
*上演時間約30分(予定)
*未就学児童の入場はご遠慮いただいております

チケット発売窓口

あごうさとしwebサイト

チケット販売サイトへ

アトリエ劇研 075-791-1966
・受付時間 平日10:00〜18:00

公演日程

2014年7月4日(金) 〜 7月6日(日)

2014年7月

    1 2 3 4
  • 19:00
  •  
  •  
5
  • 13:00
  • 16:00
  • 19:00
6
  • 14:00
  •  
  •  
7 8 9 10 11 12
*開演の30分前より受付開始、15分前より開場
*各回終演後にポストトークを開催 (詳細は決まり次第当サイトにて発表)
*上演時間約30分(予定)
*未就学児童の入場はご遠慮いただいております

情報登録:あごうさとし

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=32810

トラックバック一覧