劇団銅鑼『たったいま八月の冥王星で たったいま八月の地球では』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

劇団銅鑼

劇団銅鑼公演ドラマファクトリーv0l.八

『たったいま八月の冥王星で たったいま八月の地球では』ドゥカティに乗って旅にでる カリフォルニアにメキシコに そして福島へ

  • 公演中
  • 当日券情報あり
拡大画像を見る
表面|
裏面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2014年8月27日(水)〜8月31日(日)
会場 銅鑼アトリエ
〒174-0064 東京都板橋区中台1-1-4
PR・解説 福島市在住の詩人、和合亮一さんをご存知でしょうか。2011年3月11日の震災数日後から、ツイッターで「詩の礫」を発信し始め大きな反響を呼び、現在もフォロワーは二万人を超えます。1999年に第一詩集「AFTER」で中原中也賞を受賞などシュールレアリスム(超現実主義)の詩人として知られています。題名は、和合亮一さんの詩集「入道雲入道雲入道雲」の一節です。ドゥカティに乗って時空を旅する物語。いつもの舞台と違うのは、チェロの生演奏とそしてセリフではなく「現代詩」を繋げて物語を創るところです。
ストーリー なにかを探しに旅に出る旅人たち。すると突然現れる2011年のあの日。旅を続けていくとそこは幼い頃のあの日。そして冥王星で出会いながら地球にまた舞い戻る。時空を旅する人たちは、一体なにを探しているのか。それとも探してなんかいないのか。今年のアトリエSummer stageは、現代詩×演劇。震災から三年目の夏です。
スタッフ テキスト/和合亮一 演出/篠本賢一 美術・衣装/長谷川康子 照明/佐々木真喜子 音響/中嶋直勝 音楽/藤田佐知子 チェロ/丸山剛弘 振付/石川弘美 舞台監督/稲葉対介 舞台監督助手/村松眞衣 宣伝美術/山口拓三(GAROWA GRAPHICO) 企画/三田直門 制作/平野真弓
キャスト 館野元彦 三田直門 永井沙織 福井夏妃 亀岡幸大 向暁子 木下昌孝 高原瑞季
お問い合わせ 劇団銅鑼
03-3937-1101
info@gekidandora.com
劇団銅鑼

チケット発売日

2014年6月23日(月)

入場料金

一般3,500円/板橋区民割引3,150円/学生2,000円(全席指定・税込)

板橋区民割引(板橋区在住・在勤・在学) 板橋区民割引券、学生券は銅鑼のみの扱い

チケット発売窓口

劇団銅鑼 03-3937-1101
板橋区民割引券、学生券はお電話でお申込み下さい。

チケット販売サイトへ

カンフェティ 携帯用予約フォームのアドレス

チケット販売サイトへ

カンフェティ PC用予約フォームのアドレス

チケット販売サイトへ

当日券情報 開演1時間前より劇場にて販売

公演日程

2014年8月27日(水) 〜 8月31日(日)

2014年8月

24 25 26 27
  • 19:00
  •  
  •  
28
  • 14:00
  • 19:00
  •  
29
  • 14:00
  • 19:00★
  •  
30
  • 14:00★
  •  
  •  
31
  • 14:00
  •  
  •  
           
★アフタートークあり 和合亮一&篠本賢一

情報登録:劇団銅鑼
共催:公益財団法人板橋区文化・国際交流財団
助成:文化庁文化芸術振興費補助金(トップレベルの舞台芸術創造事業)

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=32812

トラックバック一覧