京都芸術センター『素謡の会「世謡の春」(せいようのはる)第1回《桜川》』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

京都芸術センター

花咲く春をうたう謡

『素謡の会「世謡の春」(せいようのはる)第1回《桜川》』

  • 公演中

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2014年5月22日(木)
会場 京都芸術センター
〒604-8156 京都府京都市中京区室町通蛸薬師下る山伏山町546-2
PR・解説 花咲く春をうたう謡

「謡」から、能の魅力に迫る「素謡の会」。10年目を迎える今年は、2014年で生誕650年を迎える世阿弥を取り上げ、その演目や詞章について、映像や解説を交え、素謡や仕舞で紹介します。
世阿弥は能の大成者として、多くの謡曲を創作するとともに、『風姿花伝』『花鏡』などの芸論も残しています。世阿弥は能の精神性を重視し、芸の神髄を「花」に例えました。今回取り上げる4つの演目は、芸論の中で世阿弥が特に高く評価したもので、いずれも花をテーマにしています。
世阿弥の描いた能の世界が、素謡によって今再び、花開きます。
ストーリー 《桜川》あらすじ

日向国に住む母一人子一人の貧しい家族。母の労苦に心を痛めた子は、人商人に自らの身を売り、母を助けようとする。子の身売りを知った母は、悲しみにくれ、狂女となって子を探す旅に出た。それから3年 、常陸国磯部寺の僧に弟子入りした子は、春の盛りに、桜の名所「桜川」に花見に出かける。そこで目にしたものは・・・。
キャスト 出演
(シ  テ) 林 宗一郎
(ワ  キ) 河村 和貴
(ワキツレ) 味方  團
(ワキツレ) 松野 浩行
(ワキツレ) 田茂井廣道
(地謡・解説) 河村 晴久
(子  方) 河村 梓姫

企画・ナビゲーター
田茂井廣道(能楽師・シテ方観世流)
お問い合わせ 京都芸術センター
075-213-1000
info@kac.or.jp
京都芸術センター

入場料金

前売1,500円/当日1,800円(全席自由・税込)

チケット発売窓口

京都芸術センター 075-213-1000
チケット販売
京都芸術センターチケット窓口(10:00-20:00 年末年始・臨時休館を除き無休)
※お電話(075-213-1000)・ウェブサイト(https://www.kac.or.jp/reserve/?id=12055)からの事前予約も可能です。
(当日、受付にて前売券料金をお支払いください)

チケット販売サイトへ

公演日程

2014年5月22日(木)


情報登録:京都芸術センター

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=32850

トラックバック一覧