鎌倉能舞台『能を知る会鎌倉公演〜能と世界遺産〜』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

鎌倉能舞台

『能を知る会鎌倉公演〜能と世界遺産〜』「経正」「羽衣」

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2014年10月21日(火)
会場 鎌倉能舞台
〒248-0016 神奈川県鎌倉市長谷3-5-13
PR・解説 昨年に続く「能で訪ねる世界遺産」第二弾です。静岡県、三保の松原に舞い降りた天女が衣を返して貰った御礼に舞を舞いながら月に帰って行く、おとぎ話などで有名な人気曲です。狂言「附子(ぶす)」も小学校の教科書にも載っていた名曲で、今回は善竹十郎親子で息の合った舞台をお目に掛けます。
ストーリー 「経正」あらすじ:平家の公達経正は、一の谷の合戦で弟の敦盛を庇って逃げ遅れ、自刃して果てる。
 経正が幼時を過ごした仁和寺ではこれを悼んで、嘗て経正に預け賜って置かれた名器青山の琵琶を仏前に手向け、管弦講(音楽葬)で供養する。 深夜、経正の幽霊が幻のように現れ、弔いを喜んで手向けの琵琶を弾きしばしの夜遊を楽しむが、戦死者の宿命として修羅の苦患を受ける姿を恥じて、灯火に飛び入って消え失せる。
「羽衣」あらすじ:雨上がりの三保の松原で、漁師伯龍は 美しい衣を見つけ取って帰ろうとする。天女が現れて返して欲しいと哀願するが、伯龍は国の宝にしようと持って逃げる。
天女の嘆きを憐れんだ伯龍は、伝え聞く天人の舞楽を見せることを条件に衣を返す。喜ぶ天女は優雅に舞いつつ昇天してゆく。
世界中にある白鳥処女伝説の中で最も清純簡潔な形として知られます。
スタッフ 解説 中森貫太
狂言 善竹富太郎 善竹十郎 善竹大二郎
能  シテ方 中森貫太 鈴木啓吾 奥川恒治 遠藤喜久 永島充 小島英明 桑田貴志 中森健之介
   ワキ方 村瀬慧
   囃子方 高野彰 鵜澤洋太郎 杉信太郎 梶谷英樹 
キャスト 午前の部:
解説「能で訪ねる世界遺産2」中森 貫太
狂言「伯母が酒(おばがさけ)」善竹 十郎
能「経正(つねまさ)」佐久間二郎
午後の部:
解説「能で訪ねる世界遺産2」中森 貫太
狂言「附子(ぶす)」善竹 十郎
能「羽衣(はごろも)」中森 貫太
お問い合わせ 鎌倉能舞台
0467-22-5557
webmaster@nohbutai.com
鎌倉能舞台HP

チケット発売日

2014年5月20日(火)

入場料金

自由席5,500円(全席自由・税込)

プラス千円で座席のご予約を承ります。座席指定の予約ご希望の方は、鎌倉能舞台事務所宛にお電話でお申し込みください。
鎌倉能舞台の座席表はこちら http://www.nohbutai.com/contents/01/kamakura_zaseki.pdf

チケット発売窓口

鎌倉能舞台 0467-22-5557

チケット販売サイトへ

e+(イープラス)
eplus.jp

チケット販売サイトへ

公演日程

2014年10月21日(火)

上演時間 約2時間半

2014年10月

19 20 21
  • 10:00貸切
  • 14:00
  •  
22 23 24 25

情報登録:鎌倉能舞台

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=32878

トラックバック一覧