八王子説経節の会『説経節の会 水無月公演』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

八王子説経節の会

『説経節の会 水無月公演』〜薩摩誠太夫見台開き〜

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2014年6月15日(日)
会場 北野市民センターホール
〒192-0906 東京都八王子市北野町545-3 きたのタウンビル8階 (京王線北野駅徒歩1分)
PR・解説 【説経節とは?】
 中世から伝わる語り物芸能で、よく知られるのものでは森鴎外の小説「山椒太夫」の原作は、説経節の同名の物語です。
その他代表的な話で「しのだ妻」「小栗判官」「信徳丸」「かるかや」などがあります。
江戸時代中期に入って江戸で薩摩若太夫、京屋五鶴などによって三味線芸能として完成され、その後、操り人形や写し絵などとともに江戸近郊の農村地帯に伝播しました。
しかし現在では、板橋や八王子、秩父など限られた地域に何人かの太夫を残すだけとなっています。
 八王子では十代目薩摩若太夫の芸を伝承するために昭和61年「説経節の会」が作られ、技芸の伝承、物語や系譜の研究が行われています。平成5年には都無形民俗文化財に指定されています。

【今回の公演について】

長年、説経節を語り続けてきた薩摩誠太夫が、今回見台開きとして「日高川入相花王」を演じます。
安珍をひたすら慕い、追いかけ続ける清姫の女心を語りの世界で奥深くまで表現するのが見所です。
このほか、若手会員による「東海道中膝栗毛」の滑稽話も、ぜひお楽しみください。

【日時】2014年6月15日(日)
    開場 14:00 / 開演 14:30
【開場】北野市民センターホール(京王線北野駅徒歩1分)
    http://www.hachiojibunka.or.jp/center/kitano/
【料金】無料。自由席。200名まで。
【問い合わせ先】 説経節の会 TEL 042-643-1451

【演目】
 
 第一部 「東海道中膝栗毛 赤坂並木の段」〜若手会員研修発表〜
  語 り 薩摩花太夫、薩摩桃太夫、薩摩清太夫
  三味線 雀屋妻三郎、雀屋禮、雀屋千代康、京屋福

 第二部 「日高川入相花王 天田堤の段」〜誠太夫見台開き〜
  語 り 薩摩誠太夫
  三味線 京屋純
ストーリー 第一部 「東海道中膝栗毛 赤坂並木の段」

 上方見物のために東海道を旅する弥次郎兵衛と喜多八。
 三河の御油(ごゆ)の宿から、次の宿場の赤坂へ向かう並木道を歩いている。
 日が暮れて提灯も持たずに遅れた弥次郎兵衛を持つ喜多八は、この辺りに人を化かす狐が出るという噂があるので心細くなっていた。
 そんな喜多八のすぐ後ろで狐の鳴き声がする。狐は喜多八にこの道中の恨み言を言い、「馬の糞を食べろ」と言うが…。

第二部 「日高川入相花王 天田堤の段」
 美形の山伏・安珍を慕っていた庄司の娘清姫。しかし安珍には既に許嫁がいた。
 そんな安珍に騙されたとも知らず、清姫は彼をひたすら追いかけ、日高川のほとりに辿り着く。
 清姫は船頭に川を渡してくれるよう頼むが、渡さないよう安珍に頼まれていた船頭は冷たく断る。
 どうしても諦めきれない清姫は嫉妬に狂い、大蛇の姿に変わってゆく…。
キャスト 第一部 「東海道中膝栗毛 赤坂並木の段」〜若手会員研修発表〜
    語 り 薩摩花太夫、薩摩桃太夫、薩摩清太夫
    三味線 雀屋妻三郎、雀屋禮、雀屋千代康、京屋福

第二部 「日高川入相花王 天田堤の段」〜誠太夫見台開き〜
    語 り 薩摩誠太夫
    三味線 京屋純
お問い合わせ 八王子説経節の会
042-643-1451
薩摩派 説経節の会

入場料金

全席自由

入場無料。200席。ご自由にお入りください。

公演日程

2014年6月15日(日)

上演時間 約2時間30分

2014年6月

15
  •  
  • 14:30
  •  
16 17 18 19 20 21
開場は開演の30分前

情報登録:八王子説経節の会

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=32988

トラックバック一覧