劇団レトルト内閣『酔筆 奇術偏狂記』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

劇団レトルト内閣

劇団レトルト内閣 第二十二回本公演

『酔筆 奇術偏狂記』

  • 公演中
  • 当日券情報あり
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2014年8月29日(金)〜8月31日(日)
会場 HEP HALL
〒530-0017 大阪府大阪市北区角田町5-15
PR・解説 消えたコインと破いたお札、
サインの描かれたトランプカード。

夫が求めた手品の世界と、妻が磨いた小さなちゃぶ台。
男と女、背中合わせのロマンティシズムに種も仕掛けもありません。

脚本・演出の三名刺繍が、自らの祖父であるマジシャン・金沢天耕(1909-1995)をモデルに書き下ろす最新作。
明治・大正・昭和の激動ニッポンを駆け抜け、歴史に名を残したマジシャンたちの数奇な運命をエレガンスロックにのせて描きだす、ヒストリカル・マジック戯曲!!
ストーリー 「酔筆奇術偏狂記」を書き上げた天耕とその妻は高野山に行き、そこにあった墓前にぬかずいていた。天耕の頭には師の芸が走馬灯のように過ぎる。それは日本中を酔わせ「魔術の女王」と呼ばれた松旭斎天勝の墓であった。「このような本を出版しました」と天耕は風呂敷包から本を取り出した。天耕の中には「誰かが覚えておかなくてはならぬ、誰かが記しておかねばならない」という気持ちがあった。
 明治・大正・昭和の奇術界を駆け抜け、激動の生涯を歩んだ「松旭斎天勝」と和歌山で奇術に生涯を捧げた男「金沢天耕」。
 そしてその後ろにそっと控えていた妻は、天勝と一度だけ話をした時のことを思い出すのだった・・・
スタッフ 脚本・演出・音楽/三名刺繍 照明/奥野淳也 舞台監督/奥田宏人 舞台美術/サカイヒロト 音響/八木進(baghdad cafe') 映像/ハシモトシンゴ(paravora) 制作協力/若旦那家康・寺井ゆうこ 写真撮影/一宮辰徳 協力/イズム ABCラジオ 劇団そとばこまち コトリ会議 テノヒラサイズ baghdad cafe' ババロワーズ paravora VANZ Entertainment よしもとクリエイティブ・エージェンシー ライターズ・カンパニー
企画製作・お問い合わせ/劇団レトルト内閣
キャスト 福田恵 川内信弥 よしもとともしよ こみたお 佐伯雄司 山崎友梨 Q本かよ 井之上チャル(テノヒラサイズ) 向田倫子(ババロワーズ)  UME2 平本茜子(よしもとクリエイティブ・エージェンシー) 佐々木ヤス子 白石幸雄 魅優 田中尚樹(劇団そとばこまち) 片岡結衣 小阪慶 シュウスケ たはらもえ
お問い合わせ 劇団レトルト内閣
090-8466-5400
mail@retoruto.com
劇団レトルト内閣公式サイト

チケット発売日

2014年7月5日(土)

入場料金

一般3,000円(全席指定・税込)

※受付開始・当日券販売は開演の45分前
※開場は開演の30分前
※開演時間を過ぎますとお席の指定を解除させていただく場合がございます(別のお席番号をご用意します)
※5歳未満は入場不可

チケット発売窓口

劇団レトルト内閣 050-5884-7657

チケット販売サイトへ

HEP HALL 06-6366-3636
(11:00〜18:00)
チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:437-638

チケット販売サイトへ

e+(イープラス)
eplus.jp

チケット販売サイトへ

当日券情報 当日券販売は開演の45分前

公演日程

2014年8月29日(金) 〜 8月31日(日)

2014年8月

24 25 26 27 28 29
  • 19:30
  •  
  •  
30
  • 15:00
  • 19:00★
  •  
31
  • 13:00
  • 16:00
  •  
           
★8/30(土)19時の回は終演後、アフターイベント「リーマン俳優こみたおの酔筆!会社漂流記」を開催

情報登録:劇団レトルト内閣

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=33207

トラックバック一覧