京都造形芸術大学 舞台芸術研究センター『桂米團治 春秋座特別公演』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

京都造形芸術大学 舞台芸術研究センター

『桂米團治 春秋座特別公演』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
拡大画像を見る

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2014年9月28日(日)
会場 京都芸術劇場 春秋座
〒606-8271 京都府京都市左京区北白川瓜生山2-116
PR・解説 一部では上方落語の真髄を披露し、二部は若旦那の真骨頂、落語とオペラを組み合わせた「おぺらくご」を春秋座特別バージョンでおおくりします。
落語会では、最初に桂米團治が、落語を初めて聴く方にもわかりやすく楽しんでいただけるよう「落語解説」をお伝えします。
続いて、米朝一門の桂米紫が『秘伝書』を、身振り手振りを交えながら、その極意を面白おかしく口演し、最後は、大晦日の長屋を舞台にした賑やかな噺『掛取り』を桂米團治が披露します。多くの噺家から様々なバリエーションで演じられるこの演目を、米團治流の設定で見事に2部へと繋げます。

「おぺらくご」とは?
そもそも落語もオペラも東西の文化は違えど、時代背景は同じ18世紀ごろ。
上方落語とオペラを合体させた「おぺらくご」は桂米團治が確立した新ジャンルです。
モーツァルトの生まれ変わりと自称する本人が、人気歌劇「フィガロの結婚」を見事に上方落語に転化させ、3時間の大作をわずか30分の落語にアレンジしました。
15人編成の京都フィルハーモニー室内合奏団の演奏と、2人のオペラ歌手のアリアが「おぺらくご」の世界をさらに盛り上げます。

落語ファン、オペラファンだけでなく、初めて見る人でも分かりやすい内容で大いに楽しんでいただけます。
キャスト 桂 米團治、ソリスト:日紫喜 恵美 (ソプラノ)、伊藤 絵美 (メゾソプラノ)、演奏:京都フィルハーモニー室内合奏団 他
お問い合わせ 京都造形芸術大学 舞台芸術研究センター
075-791-9207
京都芸術劇場

チケット発売日

2014年7月2日(水)

入場料金

一般4,000円/シニア3,500円(全席指定・税込)

※未就学児童のご入場はご遠慮下さい。
※シニアは要身分証提示。

チケット発売窓口

京都芸術劇場チケットセンター 075-791-8240
京都芸術劇場チケットセンター営業時間 平日10〜17時
京都芸術劇場オンラインチケットストアは24時間受付可能。

チケット販売サイトへ

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:437-222

チケット販売サイトへ

e+(イープラス)
eplus.jp

チケット販売サイトへ

京都新聞文化センター 075-256-0007
営業時間10:00〜17:00(※土・日・祝除く)
京都・滋賀大学生協プレイガイド

公演日程

2014年9月28日(日)

2014年9月

28
  • 14:00
  •  
  •  
29 30        

情報登録:京都造形芸術大学 舞台芸術研究センター

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=33215

トラックバック一覧