劇団俳優座『クレアモントホテルにて』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

劇団俳優座

劇団俳優座創立70周年記念公演第4弾

『クレアモントホテルにて』

  • 公演中
  • 当日券情報あり
拡大画像を見る
表面|
裏面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2014年9月13日(土)〜9月28日(日)
会場 劇団俳優座5階稽古場
〒106-0032 東京都港区六本木4-9-2
PR・解説 劇団俳優座創立70周年記念公演第4弾は珠玉の英国ドラマをお届けいたします!
ロンドンの女性作家エリザベス・テイラーの名作を初の舞台化。

長期滞在施設「クレアモントホテル」を舞台に繰り広げられる老夫人と青年の心の交流を描く作品。
最愛の夫を失い、自分の力で生きていくことを決めたパルフリー夫人を青山眉子、パルフリーと運命的に出会う小説家志望の青年・ルドを松
ストーリー ロンドン、クロムロードには小さなホテルが軒を並べている。
ここ「クレアモントホテル」もその一つ。このホテルの特長は長期に滞在する客を受け入れていること。
客の多くは家族から離れ老後を過ごす者たち、その理由は様々だ。
宿泊の条件は健康、食事ができて自分の足で立って歩けること。
ミセス・パルフリーも客の一人。ある日彼女は道で転倒し親切な青年に助け起こされ手当てを受ける。
お礼に彼女は青年にあるお願い事をするのだが……。
スタッフ 作:エリザベス・テイラー 
脚本:ふたくちつよし 
演出:森 一 
美術:竹邊奈津子 
照明:森脇清治
効果:木内拓 
衣裳:石川君子
映像:田畑哲稔(cell)  
舞台監督:関裕麻 
演出助手:村雲龍一 
制作:水野陽子、三好麻美  

主催:(有)劇団俳優座
キャスト 小笠原良知、荘司肇、青山眉子、片山万由美、岩瀬晃、松本潤子、天野眞由美 ほか
お問い合わせ 劇団俳優座
03-3405-4743 / 03-3470-2888
seisaku@haiyuza.net
劇団俳優座

チケット発売日

2014年7月14日(月)

入場料金

一般5,400円/学生3,780円/リピーター割4,700円/孫割(2枚1組)8,400円(全席指定・税込)

*1リピーター割:本作の観劇が2回目以降で半券をお持ちのお客様限定となります。
*2孫割:祖父母&孫との観劇プラン(2名1組:3名以上は通常料金が加算されます。)

チケット発売窓口

劇団俳優座 03-3405-4743
10:30〜18:30(日・祝休み)
チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:437-009

チケット販売サイトへ

Confetti 0120-240-540

チケット販売サイトへ

Kissポートチケットセンター 03-5413-7021
※港区在住、在勤、在学の方は割引になります。(7/16より受付開始)
当日券情報 ※開演1時間前より発売

公演日程

2014年9月13日(土) 〜 9月28日(日)

2014年9月

7 8 9 10 11 12 13
  • 19:00
  •  
  •  
14
  • 14:00
  •  
  •  
15
  • 14:00
  •  
  •  
16
  • 19:00
  •  
  •  
17
  • 14:00☆
  •  
  •  
18
  • 14:00
  •  
  •  
19
  • 14:00
  •  
  •  
20
  • 14:00
  •  
  •  
21
  • 14:00☆
  •  
  •  
22
  • 19:00
  •  
  •  
23
  • 14:00
  •  
  •  
24
  • 14:00
  •  
  •  
25
  • 14:00☆
  •  
  •  
26
  • 19:00貸切
  •  
  •  
27
  • 14:00
  •  
  •  
28
  • 14:00
  •  
  •  
29 30        
※☆=限定少人数トークショー(17日・21日・25日)
※26日(金)は貸切のため、チケットの販売はございません。

情報登録:劇団俳優座

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=33288

トラックバック一覧