富士見市民文化会館キラリ☆ふじみ『橋爪功・夏の夜の朗読』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

富士見市民文化会館キラリ☆ふじみ

演劇集団円

『橋爪功・夏の夜の朗読』向田邦子『かわうそ』、芥川龍之介『藪の中』

  • 公演中
  • 当日券情報あり
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2014年7月18日(金)
会場 富士見市民文化会館キラリ☆ふじみ メインホール
〒354-0021 埼玉県富士見市大字鶴馬1803-1
PR・解説 日本の現代演劇屈指の名優であり、語りの名手としても名高い橋爪功による、キラリふじみのためのオリジナル朗読企画第4弾です。
 昨シーズンは、歌舞伎作者鶴屋南北の代表作『四谷怪談』にたった一人で挑戦。その卓越した演技術で20を超える個性的な人物を演じ分け、人間の欲望が渦巻く傑作ドラマの世界へと観客を誘いました。
 第4弾となる今回は、今もなお色あせぬ存在として多くの人を魅了し続ける2人の作家、向田邦子の『かわうそ』と芥川龍之介の『藪の中』を朗読。演劇界で今最も注目を集める若手演出家、森新太郎とタッグを組み、夏の一夜、日本の近現代小説を思いも及ばぬ人間ドラマとして蘇らせます。
ストーリー ●『かわうそ』
真面目な夫、宅次と気立ても良く天真爛漫な妻、厚子。結婚から20年、ある出来事をきっかけに、妻のもうひとつの顔が見えてくる…。
日常の何気ない情景に横たわる人の弱さや狡さを、愛しみつつ巧みに捉えた13編の短編小説集『思い出トランプ』に収録。第83回直木賞受賞作。

●『藪の中』
藪の中で胸もとに突き傷が残された男が見つかった。事件を究明する検非違使が聞いたのは、男に関わる人間たちの全く食い違う証言だった。
「今昔物語」から着想を得て、30歳の芥川龍之介が発表した短編小説。この作品から「真実は藪の中」という表現が生まれた。
スタッフ 演出:森新太郎
キャスト 橋爪功
お問い合わせ 富士見市民文化会館キラリ☆ふじみ
049-268-7788
富士見市民文化会館キラリ☆ふじみ

チケット発売日

2014年5月17日(土)

入場料金

一般3,000円/学生・シニア2,000円/高校生以下1,000円(全席指定・税込)

※未就学児の入場はご遠慮ください。
託児サービスあり/対象:1歳以上未就学児、5名まで(申込順)、申込締切:7月11日(金)
※ 開演後のご入場は、指定された席にご案内できない場合もございます。
※ 団体での鑑賞も承っております。詳しくはお問い合わせください。

チケット発売窓口

富士見市民文化会館キラリ☆ふじみ 049-268-7788

チケット販売サイトへ

当日券情報 開演の1時間前より劇場にて販売

公演日程

2014年7月18日(金)

2014年7月

13 14 15 16 17 18
  • 19:00
  •  
  •  
19
直行臨時バスあり(有料)
・ご来館の際:「みずほ台駅東口」18:35発→「キラリ☆ふじみ」18:45着
・終演後:「キラリ☆ふじみ」→「鶴瀬駅東口」 終演15分後発車予定

情報登録:富士見市民文化会館キラリ☆ふじみ

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=33355

トラックバック一覧