子どもオリジナルミュージカル 劇団にこっとちゃ茶『嗚呼 しまなみ学園に雪が降る』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

子どもオリジナルミュージカル 劇団にこっとちゃ茶

劇団にこっとちゃ茶15周年記念公演

『嗚呼 しまなみ学園に雪が降る』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2014年8月2日(土)〜8月3日(日)
会場 入間市産業文化センター
〒358-0001 埼玉県入間市向陽台1-1-7
PR・解説 劇団にこっとちゃ茶は、1999年9月、(社)所沢青年会議所主催のミュージカル『君の青、ボクの空』が大成功を収め、そのミュージカルを通して様々なことを学び、“表現することの楽しさ”に目覚めた子どもたちの声から、2000年7月に誕生しました。団員は、小学校4年生から18歳までで構成され、知念正文氏(劇団鳥獣戯画主宰)の芝居の稽古の他、プロの先生方の声楽、各種ダンスと充実したレッスンを受けています。幸いにも先生方の賛同を得て、ボランティアで指導をして頂いており、その他、保護者はもとより学生ボランティアスタッフなど、多くの方々に支えられてきました。参加している子どもたちは、「表現力・協調性・責任感」などを身につけることができ、現在なかなか交流することの出来ない異年齢の子どもたちとのかけがえのない友情を育て、皆それぞれ一人ひとりが輝く存在になっています。
ストーリー 穏やかで、明るく、友愛に満ちていたしまなみ学園に、大椿事が起こった。丸山園長を祝う会で、くす玉を割ると丸山園長を侮辱する文字が書かれていたのだ。くす玉を作った生徒たちが集められた。が、犯人を特定することはできなかった。そこで指導の小山田は、担当グループ全員が責任をとって、この町に逃れてきている被災者たちを慰めるイベントを作ることを命じた。生徒たちは、劇をすることに決めた。けれど、劇作りなど、生徒たちにとって初めてのことだった。リーダーに選ばれた才気煥発な瀬戸内にしても、皆目見当がつかなかった。しかし、その瀬戸内の前に、かつて演劇部に所属していたという茂田井が現れた。瀬戸内は茂田井の協力を得て、脚本を作り、稽古を進めていった。瀬戸内のライバルの姫野の離反もあったが、瀬戸内の妹・遊の嘆願によって、分裂は免れた。そして、公演前日、最終稽古で主役の遊が足を骨折してしまった。絶体絶命のピンチ。果たして劇はできるのか?被災者の方々を喜ばせることができるのか?はたまた犯人は誰だったのか?…
お問い合わせ 劇団にこっとちゃ茶事務局
info@nicocha.jp

チケット発売日

2014年6月1日(日)

入場料金

前売 おとな1,800円/前売 こども1,000円/当日 おとな2,000円/当日 こども1,200円(全席自由・税込)

チケット発売窓口

劇団にこっとちゃ茶 http://nicocha.jp/cn13/pg128.html

チケット販売サイトへ

公演日程

2014年8月2日(土) 〜 8月3日(日)

2014年8月

          1 2
  • 18:00
  •  
  •  
3
  • 11:00
  • 15:30
  •  
4 5 6 7 8 9

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=33418

トラックバック一覧