チーム夜営『yとxの事情』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

チーム夜営

『yとxの事情』

  • 公演中
  • 当日券情報あり
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2014年9月13日(土)〜9月15日(月・祝)
会場 王子小劇場
〒114-0002 東京都北区王子1-14-4
PR・解説 この物語は, f(x) = ax二乗 + bx + c の二次関数を利用して,
y = x二乗 の二人の正しい解を証明するお話で,
万が一, 用いた数学の定理や証明に破綻があった場合,
これが数学の威を借るラブコメディだと言うことを忘れてはならない.
もし, 彼と彼女の結末にラブコメディにおける致命的な破綻があった場合,
これがラブコメディの威を借る数学だと言うことを, 思い出してもらいたい.

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この物語の主人公は彼(y)と彼女(x)で,
彼らは人間の代名詞で, 数学世界の代数 だった.

 1. とある中学校の数学の教科書に迷い込んだ彼 (y) は,
   与えられた問に答え続ける 代数 A, B と 動く点P に出会う.

 2. 未来の教科書の誤植で偶然迷い込んだ彼女(x)は,
   メタ数学のページで, 彼女の循環論法について自問する.

 3. 1と2は終わらない循環小数のように繰り返される.

彼と彼女の世界は滅亡しては再生し, その記憶を徐々に失う.

いつまでも惰性に世界を繰り返す訳にもいかないから,
2人は何度も, 互いの座標を伝え合い, 二次関数での再会を付箋に記す.

自分たちの運命を変えようと, 記号たちは関数の空を滑空し,
彼らは真に驚くべき証明を見つけたが, この余白はそれを書くには狭すぎる.
スタッフ 脚本=大竹竜平
演出=服部愛弓
演出助手=山川恭平
舞台美術=小林峻也
照明=竹元 楓
音響=河口朋葉
映像=内田 圭
衣装=藏中智子
宣伝美術=大竹竜平
イラストレーション=寺本愛
制作=栗田 藍
美術+制作補佐=石山 温
舞台監督=黒木美波
キャスト 寺本 愛
馬場太史(俳優座)
有川知伶(俳優座)
杉野 郁
大西亜実
小林弘樹
お問い合わせ チーム夜営 制作部
080-5184-3538
teamyaei2014@gmail.com
チーム夜営
チーム夜営 公式HP
公演詳細/情報はこちらから
twitter:https://twitter.com/teamyaei
facebook:https://www.facebook.com/teamyaei

チケット発売日

2014年7月6日(日)

入場料金

一般当日2,500円/一般予約2,200円/学生割引(当日/予約)2,000円/18歳以下(1st5枚まで)1,000円(全席自由・税込)

チケット発売窓口

Corich!チケット予約

チケット販売サイトへ

当日券情報 一般当日 2500円 学生 2000円 18歳以下 1000円

開演1時間前より劇場にて整理券配布
*キャンセル待ちの場合あり

公演日程

2014年9月13日(土) 〜 9月15日(月・祝)

上演時間 約90分

情報登録:チーム夜営

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=33605

トラックバック一覧