鳥公園『空白の色はなにいろか?』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

鳥公園

#10ショーイング公演

『空白の色はなにいろか?』

  • 公演中
  • 当日券情報あり
拡大画像を見る
表面|
裏面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2014年8月15日(金)〜8月17日(日)
会場 クリエイティブセンター大阪
大阪府大阪市住之江区北加賀屋4丁目1-55 名村造船跡地
ストーリー その石の彫刻は、とても気持ちが悪かった。

<エナジー・ヴォイド>と名付けられた、鈍く光る黒い輪は、

かっこいいんじゃないか、いや、美しいのかな、という事前の期待を裏切って、

邪悪だった。

「周りに、強いエネルギーが物質としてあって、

ドーナツみたいに、円環にエネルギーが流れていて、

でもそれより重要なのは、流れるエネルギーの中心に空いた空白の穴の部分なんだ」

と、何度も、なぜ<エナジー・ヴォイド>を見たいのかを話して、

高松は牟礼のイサム・ノグチ庭園美術館まで行った。

けれど実際に作品を前にして、「穴を見る」ということは起こらず、

物質ばかり見ていた。

ぬめぬめと蠢く動物の腸のようだった。

物質しか見ていないのに同時に、底なしの暗い穴のような、空虚な業を感じた。

それは視覚ではなく、背後から、二の腕から、浸透してくるような第六感だった。

さみしさに染み込まれそうになって、やばいと思って人と話した。

<エナジー・ヴォイド>にイサムが手を付いて、笑っている写真がある。

見るとギョッとして心を掴まれる。

イサムが子供みたいに笑っている。

この人の空虚を吸い込んで、ヴォイドは満ち満ちになって呼吸している。

ヴォイドが生まれてイサムはよかった。

だけど生み出されたヴォイドは、どうしたらいいのか。
スタッフ 作・演出:西尾佳織

舞台監督:さかいまお
舞台美術:中村友美
照明:石田光羽
宣伝美術:鈴木哲生
制作協力:若旦那家康
制作:萩谷早枝子
OTHER MEMBER:森すみれ
助成:おおさか創造千島財団
協力:福島真 わっしょいハウス 六尺堂 ART COMPLEX

企画・製作・主催:鳥公園
キャスト 浅井浩介(わっしょいハウス)
武井翔子
西山真来
お問い合わせ 鳥公園
080-1073-3446
info.birdpark@gmail.com
鳥公園
その他
お問い合わせ
「空白の色はなにいろか?」特設ページ
http://torikouen.tumblr.com/

チケット発売日

2014年7月20日(日)

入場料金

前売2,200円/当日2,700円(税込)

チケット発売窓口

鳥公園

チケット販売サイトへ

当日券情報 開演の30分前より劇場にて販売

公演日程

2014年8月15日(金) 〜 8月17日(日)

2014年8月

10 11 12 13 14 15
  • 19:30
  •  
  •  
16
  • 14:00
  • 19:00
  •  
17
  • 14:00
  •  
  •  
18 19 20 21 22 23
*受付開始・開場は開演の30分前
*14日(木)19:00〜はテストプレイ上演
料金:500円
限定5名の受付

情報登録:鳥公園

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=33728

トラックバック一覧