『eclipse』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

SOUND THEATRE 新感覚・音楽朗読劇

『eclipse』

  • 公演中
  • 当日券情報あり

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2014年9月23日(火・祝)〜9月29日(月)
会場 シアタークリエ
〒100-0006 東京都千代田区有楽町1-2-1
PR・解説 その子は狐に育てられ
そして狐を討つ宿命だった

サウンドシアターと東宝がタッグを組んだ最新作!
声優・ミュージカル・宝塚と異ジャンルのトップスター達に、若手実力俳優を迎えて贈る、異色のコラボレーション。
ストーリー 今宵、安倍晴明が死ぬーー

84歳の高齢となった晴明は危篤の床にあった。
晴明が今死ねば、都の結界は破れ、再び魔物が暴れ始める。
臨終の床に集まった安倍晴明ゆかりの4人、
藤原道長、源頼光、朱華、賀茂守道。
そして4人は語り始める。
狐の子、妖の子と蔑まれながらも人のために戦った男、
大陰陽師 安倍晴明の物語を・・・・・。

時は平安末期、人心は乱れ、乱れた心は鬼を生み出し、
その鬼は人を襲っていた。
朝廷は、鬼を倒すべく陰陽師達に討伐隊を結成させるも、
増え続ける鬼を前にしては、若い陰陽師達の尽力など焼け石に水。
人の心が作り出す鬼。誰かが誰かを恨むごとに、
鬼は産み落とされ、若き陰陽師達の手は鬼の返り血で汚れていった。

そんな最中、さらに今度は妖狐まで都に現れた。
妖狐の好物は、鬼の肉。鬼を宿した人の心。
夜の都で、人も鬼も見境なく喰い荒らしてゆく妖狐。
人の心の闇が生み出す鬼とそれを喰らう妖狐。

そして妖狐は神格化された神、人には殺められない・・・。

頭を抱える朝廷が指名したのは、人間で唯一、妖狐を殺められる
と噂される若者、狐の子だという若き陰陽師、安倍晴明だった。
母と同じ香りがする敵と対峙する晴明。

鬼とは? 狐とは? そして人とは?

愛する我が子を人間界に残し立ち去る狐の物語、
歌舞伎「蘆屋道満大内鑑」そして、安倍晴明による狐退治を
元にした能楽「殺生石」ふたつの物語がひとつになる時、
母の香りがする敵を倒す宿命を持つ子、安倍晴明は何を見るのか?

1000年前の京の都で、人の鬼(こころ)がぶつかり合う!
スタッフ 原作・脚本・演出=藤沢文翁
音楽監督=土屋雄作
キャスト 碓井将大 伊礼彼方 山寺宏一 寿美菜子/豊崎愛生(Wキャスト) 真琴つばさ

演奏:土屋雄作 小湊昭尚 齋藤純一 美鵬直三朗

手妻: 藤山大樹
お問い合わせ シアタークリエ
03-3591-2400
『eclipse』公式サイト

入場料金

7,800円(全席指定・税込)

※ 未就学児のご入場はご遠慮いただいております。
※ 安全管理上、ロビー・楽屋へのお花のお届けは、ご辞退申し上げます。

チケット発売窓口

東宝ナビザーブ

チケット販売サイトへ

東宝テレザーブ 03-3201-7777
(営業時間 9:30〜17:30)
※チケットは、お近くのセブン-イレブン、ゆうパックでもお引取りいただけます。
チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:437-682

チケット販売サイトへ

ローソンチケット
l-tike.com
0570-084-003
Lコード:36972

チケット販売サイトへ

e+(イープラス)
eplus.jp
CNプレイガイド
cnplayguide.com
0570-08-9999(オールジャンル)
当日券情報 当日11時より劇場にて販売

公演日程

2014年9月23日(火・祝) 〜 9月29日(月)

上演時間 約2時間30分
(休20分)

2014年9月

21 22 23
  • 18:00○
  •  
  •  
24
  • 19:00●
  •  
  •  
25
  • 14:00●
  • 19:00●
  •  
26
  • 14:00○
  •  
  •  
27
  • 13:00○
  • 18:00○
  •  
28
  • 13:00●
  • 18:00○
  •  
29
  • 14:00●
  •  
  •  
30        
○=寿 美菜子 ●=豊崎愛生

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=33819

トラックバック一覧