新潮劇院『十三妹』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

新潮劇院

京劇

『十三妹』〜児女英雄伝

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2014年9月13日(土)〜9月14日(日)
会場 成城ホール
〒157-8501 東京都世田谷区成城6-2-1
PR・解説 2014年最初の自主公演となる新潮劇院京劇公演は日本初上演となる京劇の名演目京劇「十三妹(シィサンメイ)〜児女英雄伝」を上演いたします。

清末期に「文康」によって記された武侠小説『児女英雄伝(じじょえいゆうでん)」』が原作となっており、中国・台湾・香港で大変に人気がある女傑「十三妹」が活躍する任侠活劇です。

京劇演目の中でもセリフ回しが多く、ストーリー性があって、エンターテイメントとしても十分楽しめる内容ながらも京劇ならではの様式美や立ち回りなども随所に組み込まれた名演目です。

今回も唱と立ち回りを兼ねる難役である刀馬旦(ドウマダン)の名優「張桂琴」と美少年役の小生(シャオション)を専門とする「程孫耘」の二人を主演に据えてお届けいたします。

さらに、スペシャルゲストとして米米CLUBの「ジェームス小野田」が登場。これまでの新潮劇院公演では猪八戒役としてコミカルな役どころで登場していましたが今回はどんな配役で登場するのか…ぜひ楽しみにしてください。

そして、コミカルかつわかりやすい内容で本編同様に毎回大変好評をいただいている明治大学教授・加藤徹先生による京劇レクチャーもあります。

皆様のご来場、心よりお待ち申し上げております。
ストーリー 両親の仇を追う、美しき女侠。その名も「十三妹(シィサンメイ)」!!

かつては裕福な家庭の娘であった「何玉鳳(かぎょくほう)」は、何者かに父を殺され、母と逃げる身となった。武術の達人のもとで修行を積み、師より「十三妹」の名を授かると刀と弾弓を携えて、親の仇を捜し求めに行く・・・
スタッフ 照明:山口洸(株)シアタークリエイション
キャスト 何玉鳳(十三妹)…張桂琴
安驥…程孫耘
黒風僧…ジェームス小野田(米米CLUB)
張烏梅、張小山、高瀬育海、茶谷力輝、
樋口理世、竹口美鈴、張飛鳳、張小魚、
衛藤俊和、大島陸

[京劇レクチャー]
加藤徹(明治大学教授)

入場料金

一般4,300円/世田谷区民3,800円/高校生以下2,000円(税込)

チケット発売窓口

新潮劇院

チケット販売サイトへ

e+(イープラス)
eplus.jp

チケット販売サイトへ

公演日程

2014年9月13日(土) 〜 9月14日(日)

2014年9月

7 8 9 10 11 12 13
  • 18:30※
  •  
  •  
14
  • 13:30※
  •  
  •  
15 16 17 18 19 20
※開演(開場は30分前)

情報登録:新潮劇院

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=33893

トラックバック一覧