『シカゴ』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

ブロードウェイミュージカル

『シカゴ』宝塚歌劇100周年記念 OGバージョン

  • 公演中

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2014年11月19日(水)〜11月30日(日)
会場 梅田芸術劇場 メインホール
〒530-0013 大阪府大阪市北区茶屋町19-1
PR・解説 ブロードウェイNo.1記録を更新し続けているミュージカルが宝塚歌劇100周年を記念して、2014年11月に伝説のトップスター達により実現!
セクシーでスタイリッシュな世界観に宝塚OGキャストが挑む!
世界初演!!女性キャストのみのブロードウェイミュージカル『シカゴ』!!

1914年にスタートし、今年100周年を迎えた、世界唯一の女性のみの劇団である、宝塚歌劇。この100年の伝統と歴史に欠かすことのできないのがミュージカルの聖地・ブロードウェイ。
1967年に月組と星組によって上演された『オクラホマ!』は、日本で初めて上演されたブロードウェイミュージカル作品として歴史に名を残しています。その後『ウエストサイド物語』、『回転木馬』、『南太平洋』、『ガイズ&ドールズ』など数多くのブロードウェイ作品が宝塚歌劇によって上演され、その後の『エリザベート』や『ロミオとジュリエット』などのウィーンやフランス発のミュージカルへの布石となりました。

この日本が誇る宝塚歌劇団の知名度はブロードウェイでも高く、この100周年の節目に女性キャストのみの『シカゴ』が実現します。ブロードウェイで1996年の初演(リバイバル版)から17年以上たつ『シカゴ』のロングラン記録は、ブロードウェイ史上1位(アメリカ作品)となり、公演回数は7,000回を超えます。

“オール・ザット・ジャズ”、”ラズル・ダズル”など全曲がミュージカル史に残る名曲揃いで、1920年代のジャズ香る時代のセクシーでスタイリッシュ、そしてコミカルなストーリーは、宝塚歌劇を卒業し、成熟した魅力を身につけた歴代のトップスターと、研ぎすまされたテクニックを持つダンサーたちによって表現されます。振付はブロードウェイで伝説的存在となったボブ・フォッシーによるもので、今回の『シカゴ』は今まさにブロードウェイで上演されている『シカゴ』のスタッフの手によって創られます。これは、100年を迎える宝塚歌劇、そして更なる100年に向けての、卒業生(OG)たちの挑戦です。

全世界が注目するワールドプレミア<世界初演>の女性キャストのみの『シカゴ』。作品を通じて、「タカラヅカ」と「ブロードウェイ」の最高の化学反応を感じることができる必見の公演なのです!
ストーリー 1920年後期のジャズ全盛時代、イリノイ州シカゴ。
殺人、強欲、賄賂、暴力、金儲け、不倫、裏切り…世間には馴染みの深い物語。

ロキシー・ハートは自分を捨てようとした愛人を殺害し、投獄されてしまう。夫エイモスは、そんな妻をかばって自分が犯人だと、あっさりばれるような嘘をついてしまうほどのお人よし。監獄でロキシーを待っていたのは、悪徳敏腕弁護士ビリー・フリンの力でメディアの注目を一心に集めているヴェルマ・ケリーをはじめ、自分たちの罪を正当化し、出獄を願う女囚たち。

女看守ママ・モートンの手引きでビリーの協力を得たロキシーは、ヴェルマに代わり、"シカゴで最もキュートな殺人犯"、正当防衛の悲劇のヒロインとして一躍スターダムへと登りつめる。

新たなスキャンダルを追いかけるメディアの注目を取り戻そうと、ヴェルマはロキシーに結託しないかともちかけるが、ロキシーは自らの妊娠をでっちあげ再び話題を独占し、調子に乗ってビリーも解雇してしまう。

囚人仲間に絞殺刑が下るや否やあわてて呼び戻してきたロキシーに、ビリーは「裁判や世間なんて、全てショーさ。あんたには超一流のスターがついている。」と安心させ、ロキシーはお腹の子供を盾にまんまと正当防衛を勝ち取る。だが、劇的な裁判結果が誌面に踊ることはなく、メディアは新たなスキャンダルを追いかけていた。

お腹の子供も嘘…。
無罪を勝ち取り出獄したロキシーとヴェルマが追い求め、手に入れたものは…。
スタッフ ブロードウェイミュージカル「シカゴ」宝塚歌劇100周年記念OGバージョン
作曲: ジョン・カンダー
作詞: フレッド・エッブ
脚本: フレッド・エッブ&ボブ・フォッシー
初演版演出・振付: ボブ・フォッシー
オリジナルNYプロダクション演出: ウォルター・ボビー
オリジナルNYプロダクション振付: アン・ラインキング

翻訳: 常田景子
訳詞: 森雪之丞
日本版演出: 吉川徹
日本版振付: 大澄賢也
指揮・音楽監督: 上垣聡
キャスト ビリー・フリン:峰さを理 麻路さき 姿月あさと(トリプルキャスト)
ヴェルマ・ケリー:和央ようか 湖月わたる 水夏希(トリプルキャスト)
ロキシー・ハート:朝海ひかる 貴城けい 大和悠河(トリプルキャスト)
ママ・モートン:初風諄 ちあきしん(ダブルキャスト)
エイモス・ハート:磯野千尋
トップレディース:星奈優里 蒼乃夕妃
ジェントルメン:珠洲春希 牧勢海 桐生園加 真波そら 大凪真生 祐澄しゅん
        美翔かずき 香音有希 鳳樹いち 光海舞人
レディース:舞城のどか 美鳳あや 神麗華 夢華あやり 稀鳥まりや 麗百愛
お問い合わせ 梅田芸術劇場
0570-077-039 / 06-6377-3800
CHICAGO THE MUSICAL

入場料金

S席13,000円/A席9,000円/B席5,000円(全席指定・税込)

※未就学児童のご入場はご遠慮ください。

チケット発売窓口

キョードー東京 0570-550-799
平日11:00〜18:00、土日祝10:00〜18:00/オペレーター対応

チケット販売サイトへ

梅田芸術劇場ネット会員

チケット販売サイトへ

梅田芸術劇場オンラインチケット

チケット販売サイトへ

梅田芸術劇場窓口 10:00〜18:00
チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:436-497
セブン-イレブン、サークルK・サンクス、ぴあ店舗

チケット販売サイトへ

ローソンチケット
l-tike.com
0570-084-005
Lコード:58909

チケット販売サイトへ

e+(イープラス)
eplus.jp
ファミリーマート店内Famiポート

チケット販売サイトへ

CNプレイガイド
cnplayguide.com
0570-08-9999(オールジャンル)
10:00〜18:00/オペレーター対応

チケット販売サイトへ

公演日程

2014年11月19日(水) 〜 11月30日(日)

2014年11月

16 17 18 19
  • 14:30A
  •  
  •  
20
  • 13:30A
  •  
  •  
21
  • 13:30B
  •  
  •  
22
  • 12:30A
  •  
  • 17:30A
23
  • 12:30C
  •  
  • 17:30B
24
  • 12:30C
  •  
  •  
25
  • 12:00D
  •  
  •  
26
  • 13:30D
  •  
  • 18:30○
27
  • 休演
28
  • 13:30B
  •  
  • 18:30☆
29
  • 12:30○
  •  
  • 17:30○
30
  • 12:30☆
  •  
  •  
           
A=ビリー役:峰、ヴェルマ役:水、ロキシー役:朝海
B=ビリー役:麻路、ヴェルマ役:湖月、ロキシー役:大和
C=ビリー役:麻路、ヴェルマ役:水、ロキシー役:貴城
D=ビリー役:峰、ヴェルマ役:和央、ロキシー役:大和
○=ビリー役:姿月、ヴェルマ役:和央、ロキシー役:貴城
☆=ビリー役:姿月、ヴェルマ役:湖月、ロキシー役:朝海
※ジェントルメンとレディースの出演日時詳細は特設ホームページにてご確認ください。

ー 「CHICAGO」公演アフターイベント ー
<宝塚歌劇100周年記念CHICAGOプレミアムグランドフィナーレ>
宝塚歌劇とシカゴのコラボレーションを記念して世界初フォッシースタイルのフィナーレを上演!
11月21日(金)13:30公演 11月22日(土)17:30公演 11月23日(日・祝)12:30公演
11月26日(水)13:30公演 11月26日(水)18:30公演 11月28日(金)18:30公演

<アフタートークショー>
11月24日(月・休)12:30公演 出演者:峰、麻路、姿月、和央、湖月、朝海、貴城、水、大和

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=34155

トラックバック一覧