鎌倉能舞台『能を知る会鎌倉公演−観阿弥・世阿弥の能』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

鎌倉能舞台

『能を知る会鎌倉公演−観阿弥・世阿弥の能』「自然居士」「雲林院」

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2015年1月12日(月・祝)
会場 鎌倉能舞台
〒248-0016 神奈川県鎌倉市長谷3-5-13
PR・解説 能の創始者「観阿弥」と能の大成者「世阿弥」を取り上げた公演です。 午前の部は、美少年の居士(半俗の少年僧)が人商人に連れ去られた幼い者を取り戻すお話、「自然居士(じねんこじ)」を、午後の部は、伊勢物語と在原業平を題材にした「雲林院(うんりんいん)」を上演します。国立国文学研究所の小林健二氏をナビゲーターにお迎えして面白くご覧頂きます。
ストーリー 「自然居士」−あらすじ−
雲居寺で七日間の説法を行っている居士の前に一人の娘が現れ、布施の小袖と文を渡し、親の供養を頼む。 居士がその文を読み上げていると、二人の荒くれ男が来て、その娘を引き立てて連れ去ってゆく。居士は、娘が自らを人商人(ひとあきびと)に売って、その代金で供養を頼みに来た事に気付き、その小袖を持って男を追う。 舟に乗り、行こうとする男たちを居士は引き止め、小袖を返して娘を引き取ろうとするが、男達はそれを拒む。しかし居士のしつこさに根負けした男達は、居士に舞を舞わせたり鞨鼓を打たせて散々に嬲るが、最後には娘を返し、居士は娘を連れて都に帰って行く。
「雲林院」−あらすじ−
芦屋の公光という男、伊勢物語を愛読の余り、夢の告げを受けて雲林院を訪れる。
美しく咲く桜の枝を折ろうとすると老人が現れ、これをとがめる。風流の物語の後、老人は業平の化身と暗示して、去る。 花の下にまどろむ公光の夢に業平が現れ、伊勢物語の秘伝を教え、二条の后のもとへ忍んで通った様を、優雅な舞に見せると公光は目覚める。
日本史上最高の美男で歌人の、在原業平を主人公とした名曲の一つです。
スタッフ 解説 小林健二
狂言 大蔵吉次郎、大藏教義、榎本元、宮本昇  
シテ方 中森貫太 遠藤喜久 五木田三郎 鈴木啓吾 奥川恒治 永島充 小島英明 佐久間二郎 中森健之介
ワキ方 森常好 舘田善博 森常太郎
囃子方 大倉慶乃助 観世新九郎 一噌隆之 
キャスト <午前の部>
解説「自然居士とは一体何者か?」小林健二
狂言「寝音曲(ねおんぎょく)」大蔵吉次郎 他
能 「自然居士(じねんこじ)」中森貫太 他
質疑応答 
<午後の部>
解説「明かされる伊勢物語の秘伝」小林健二
狂言「文相撲(ふみずもう)」大蔵吉次郎 他
能 「雲林院(うんりんいん)」遠藤喜久 他
質疑応答 
解説「吉野の能」中森貫太 
狂「瓜盗人(うりぬすびと)」山本則孝 他 
能「吉野静(よしのしずか)」鈴木啓吾 他 
質疑応答 
お問い合わせ 鎌倉能舞台
0467-22-5557
webmaster@nohbutai.com
鎌倉能舞台公式HP

入場料金

自由席5,500円(税込)

※プラス千円で座席のご予約を承ります。座席指定の予約ご希望の方は、鎌倉能舞台事務所宛にお電話でお申し込みください。
鎌倉能舞台の座席表はこちら
http://www.nohbutai.com/contents/01/kamakura_zaseki.pdf

チケット発売窓口

鎌倉能舞台 0467-22-5557

チケット販売サイトへ

eプラス 「午前の部」

チケット販売サイトへ

eプラス 「午後の部」

チケット販売サイトへ

公演日程

2015年1月12日(月・祝)

2015年1月

11 12
  • 10:00
  • 14:00
  •  
13 14 15 16 17

情報登録:鎌倉能舞台

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=34190

トラックバック一覧