千葉雅子×土田英生 舞台製作事業『姐さん女房の裏切り』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

千葉雅子×土田英生 舞台製作事業

『姐さん女房の裏切り』

  • 公演中
  • 当日券情報あり
拡大画像を見る
表面|
裏面|
中面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2014年10月24日(金)
会場 長久手市文化の家 風のホール
〒480-1196 愛知県長久手市岩作城の内60-1
PR・解説 本事業は、すでに現代演劇の分野ではキャリアのある二人がタッグを組み二人芝居を創作。長く上演されるレパートリーを創作する試みです。
「猫のホテル」の代表にして、舞台劇団500歳の会『いつか見た男たち』脚本・出演、ドラマ『マルモのおきて』出演、また柳家喬太郎との落語会など、多数の表情をもつ千葉雅子。京都を拠点とする劇団「MONO」の代表にして、ドラマ『斉藤さん』シリーズの脚本を務めるなど精力的に活動する土田英生。2013年に東京での初演を行い、好評を博した本作、2014年度は全国五ヶ所で上演いたします。
ストーリー 二十年前。暴力団組織の組長の妻だった女と鉄砲玉だった男。
二人は抗争の時、ホテルにいた。二人の関係が組関係者にバレることを恐れた二人は逃亡する。
その抗争では多数の死亡者が出た。それは男の犯行ということにされ、警察からも指名手配されてしまう……。
それから年月は流れた。彼らは名前を変えて、とある地方都市で隠れて暮らしている。
姉さん女房である女は五十歳を過ぎてもスナックで働き、少し年下の男はヒモのようになっている。近所でも評判のおしどり夫婦だ。そんな二人の日常に、忘れていた闇が忍び寄る。暴力団と警察による追跡。二人は再び逃げなくてはいけない。
そして女は……。
スタッフ 舞台美術:奥村泰彦 音響:堂岡俊弘 照明:葛西健一
衣裳プラン:今村あずさ(SING KEN KEN) 舞台監督:藤田有紀彦
宣伝美術:榎本太郎(7x nanabai.inc) 宣伝写真:引地信彦 宣伝ヘアメイク:大宝みゆき
制作:小山佳織、大橋さつき、本郷麻衣 プロデューサー:垣脇純子
キャスト 千葉雅子 土田英生
お問い合わせ 長久手市文化の家
0561-61-3411
長久手市文化の家WEBサイト
キューカンバー
075-525-2195
キューカンバーWEBサイト

入場料金

一般前売3,500円/U-25前売2,500円(全席自由・税込)

U-25=25歳以下対象、要証明書

チケット発売窓口

キューカンバー http://cucumber-m.com/ticket_ane

チケット販売サイトへ

長久手市文化の家 0561-61-2888

チケット販売サイトへ

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:439-073

チケット販売サイトへ

その他プレイガイド情報 Nぴあ(アピタ長久手店2F) 0561-63-9200(窓口販売のみ)
当日券情報 開演1時間前より劇場にて販売(料金は前売の300円増)

公演日程

2014年10月24日(金)

2014年10月

19 20 21 22 23 24
  • 19:00★
  •  
  •  
25
★終演後、トークイベントを行います。

未就学児童の入場はご遠慮ください。

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=34194

トラックバック一覧