劇団銅鑼『センポ・スギハァラ再び夏へ』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

劇団銅鑼

劇団銅鑼敦賀公演

『センポ・スギハァラ再び夏へ』リトアニア日本領事代理 杉原千畝の決断 人道の港 敦賀で上演

  • 公演中
  • 当日券情報あり
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

リトアニア日本領事代理 杉原千畝の決断
人道の港 敦賀で上演

公演データ

公演期間 2014年11月21日(金)
会場 敦賀市民文化センター
〒914-0078 福井県敦賀市桜町7-1
PR・解説 杉原千畝の「命のビザ」を手に、ユダヤ人6000人が敦賀高港に上陸。そして人道の港 敦賀の歴史はここからはじまった。リトアニア日本領事代理 杉原千畝の決断。人道の港、敦賀で上演決定!
ストーリー 1940年夏、リトアニアの首都カウナス郊外。穏やかな丘の上に突然鳴り響く銃声。日本領事代理・杉原千畝と妻・幸子、医学生・藤島敬介の三人は、ナチスのポーランド侵攻により祖国を追われ逃げてきたユダヤ人家族と出会う。翌日、日本領事館は大勢のユダヤ人たちに取り囲まれた。その中に丘で出会った家族、ヤコブ、セガロ、エリエッタ、ヨセフの姿もあった。彼らの唯一生き延びる手段は日本領事館で「日本の通貨ビザ」を手にし、その効力で第三国へ逃れる道だけであった。ビザがなければ、ユダヤ人たちは行き場を失い、強制収容所に送られるか抹殺されるかだ。千畝は、本国にビザ発給の許可を求める。
「発給スルナ」。千畝は再度問う。発給してもよい条件はないかと。
スタッフ 作・演出/平石耕一 美術/内山勉 照明/横田元一郎 効果/中嶋直勝 音楽/寺田鉄生 衣裳/山田靖子 舞台監督/鈴木正昭 宣伝美術/山口拓三 制作/小関直人 
キャスト 館野元彦(杉原千畝役)中村真由美(杉原幸子役)三田直門(藤島敬介役)千田隼生(ヤコブ役)横手寿男(セガロ役)長谷川由里(エリエッタ役)井上太(ヨセフ役)
お問い合わせ 劇団銅鑼
03-3937-1101
info@gekidandora.com
銅鑼ホームページ

チケット発売日

2014年9月29日(月)

入場料金

全席2,800円(全席自由・税込)

チケット発売窓口

劇団銅鑼 03-3937-1101

チケット販売サイトへ

ぽーとあい敦賀市文芸協会 0770-20-1311
敦賀市民文化センター2階/現地購入のみ
港都つるが 人道の港敦賀ムゼウム内 0770-37-1035
現地購入のみ
田代時計修理工房 0770-22-2903
現地購入のみ
オーディオ渡辺 0770-22-3456
現地購入のみ
当日券情報 当日受付で販売(販売時間はお問合せ下さい)

公演日程

2014年11月21日(金)

上演時間 約1時間40分(休憩なし)

2014年11月

16 17 18 19 20 21
  • 18:30
  •  
  •  
22

情報登録:劇団銅鑼

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=34256

トラックバック一覧