演劇集団 円『ロスメルスホルム』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

演劇集団 円

イプセン没後100年

『ロスメルスホルム』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2006年5月18日(木)〜5月28日(日)
会場 ステージ円
〒111-0032 東京都台東区西浅草1-2-3田原町センタービル5F
PR・解説 イプセン没後100年の今年、かつてないほどの濃密な劇空間で贈るイプセン本来の演劇的面白さ!
イプセンの劇作の力に脱帽です!
ストーリー 代々牧師の職を務めてきたロスメルスホルム家の当主、ヨハネス・ロスメルは、最近その職をみずから辞職した。因習にとらわれず理想の社会を作る運動を始めるためであった。いっぽう、ロスメルの死んだ妻ベア―テの兄クロルは、ロスメルの自由主義転向に怒り、伝統護持の立場に連れ戻そうと躍起になる。さらに「灯台」という新聞を発行、自由主義大衆運動のモルテンスゴールが、ロスメルの弱味につけこみ強引に味方に引き入れようと画策し始める。保守と革新との抗争にロスメルは孤立する。そして、もうひとりの主人公であるレベッカは、ロスメルスホルム家に住み、進歩的な自立した女性だが、ロスメルへの愛情を隠し、運動の同志として献身的な友人として、彼の傍にいた。対立抗争が激化し、現実社会の仮借ない権力闘争の渦の中では、ロスメルの理想はあまりにも脆く、さらに同志と信じていたレベッカの彼に対する性としての欲望と亡き妻を悲惨な死に追いやったのは彼女の抗いがたい恋愛感情であったということを知り、生きることに絶望する。それでも生きていくに足りる根拠を求め、ロスメルとレベッカはお互いの信頼と無償の愛を確認しあうが・・・
スタッフ 訳・演出=安西徹雄/美術=伊藤雅子/照明=田中喜久夫/音響=富田健治/舞台監督=田中伸幸/演出助手=堀田真理/宣伝美術=猪子進/制作=桐戸英二
キャスト 三谷昇/大谷朗/藤田宗久/福井裕子/石住昭彦/佐藤直子
お問い合わせ 演劇集団円
03-5828-0654
演劇集団円公式サイト

チケット発売日

2006年3月20日(月)

入場料金

一般4,200円/学生3,500円/ペアチケット7,200円(全席指定・税込)

ペアチケットは劇団扱いのみ

チケット発売窓口

演劇集団円 03-5828-0654
チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
e+(イープラス)
eplus.jp

公演日程

2006年5月18日(木) 〜 5月28日(日)

上演時間 約2時間40分(休憩含み)

2006年5月

14 15 16 17 18
  • 19:00
  •  
  •  
19
  • 19:00
  •  
  •  
20
  • 13:00☆
  •  
  •  
21
  • 13:00☆
  •  
  •  
22
  • 19:00
  •  
  •  
23
  • 14:00
  •  
  •  
24
  • 14:00
  •  
  •  
25
  • 19:00
  •  
  •  
26
  • 19:00
  •  
  •  
27
  • 14:00
  •  
  •  
28
  • 14:00
  •  
  •  
29 30 31      
☆印・・・浅草三社祭りのため、開演時間が早いので、ご注意下さい!

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=3434

トラックバック一覧