―銀河劇場ニュージェネレーションシリーズ―『僕とあいつの関ヶ原』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

―銀河劇場ニュージェネレーションシリーズ―

朗読劇

『僕とあいつの関ヶ原』

  • 公演中
  • 当日券情報あり
拡大画像を見る
表面|
拡大画像を見る

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2014年12月14日(日)〜12月15日(月)
会場 天王洲 銀河劇場
〒140-0002 東京都品川区東品川2-3-16 シーフォートスクエア内2F
PR・解説 次世代クリエイター×若手舞台俳優が
銀河劇場に殴りこみ!!!!!
全く異なるタイプの朗読劇を二週にわたって贈る銀河劇場のチャレンジ企画。
青春群像劇の金字塔「春のめざめ」は、演劇界の至宝 文学座の高橋正徳が演出。
ライトノベル「僕とあいつの関ヶ原」は、その勢いが止まらない劇団『柿喰う客』の中屋敷法仁。

演出家にとっても、俳優にとっても、劇場にとってもチャレンジ企画。
12月、外は寒いけれど、劇場に来れば心は熱くなります!
どうぞお楽しみに!
ストーリー 関ヶ原合戦前夜、戦地で眠る小早川秀秋の元に、ある来客が訪れた。
のちに天下人となり江戸幕府を誕生させた徳川家康である。
徳川家康は小早川に選択を迫る。
「おまえが選ぶのは石田三成か、徳川家康か?」

戦国時代を終焉させた天下分け目の決戦『関ヶ原の戦い』
武将達は豊臣秀吉亡き後の覇権をめぐって激戦を繰り広げた。
秀吉への忠義を貫く男・石田三成。新たな天下人の座を狙う男・徳川家康。
彼らはどうして戦わなくてはならなかったのか?

三成と、その家臣・島左近。家康の息子・忠吉と、その舅・井伊直政。
両軍の間で揺れる小早川秀秋。
本戦に至るまでの経緯を武将達の葛藤、苦悩、謀略を通じて描く。
スタッフ 作:吉田恵里香
演出:中屋敷法仁(柿喰う客)
キャスト 木戸邑弥
武田航平
玉城裕規
三上真史(D-BOYS)
宮下雄也(RUN&GUN)     (五十音順)
お問い合わせ 銀河劇場チケットセンター
03-5769-0011(平日10:00〜18:00)
ー銀河劇場ニュージェネレーションシリーズ―

チケット発売日

2014年11月13日(木)

入場料金

全席指定・税込 5,500円
両作品応援シート(朗読劇『春のめざめ』/朗読劇『僕とあいつの関ヶ原』2作品セット券)11,000円(1階前方席&非売品オリジナルグッズ付)

チケット発売窓口

ホリプロチケットセンター 03-3490-4949
ホリプロオンラインチケット

チケット販売サイトへ

銀河劇場チケットセンター 03-5769-0011(平日10:00〜18:00)
銀河劇場オンラインチケットセンター

チケット販売サイトへ

当日券情報 開演1時間前より劇場にて販売

公演日程

2014年12月14日(日) 〜 12月15日(月)

上演時間 約1時間30分

2014年12月

14
  •  
  •  
  • 16:00
15
  • 15:30
  •  
  • 18:30
16 17 18 19 20

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=34494

トラックバック一覧