劇団銅鑼『父との旅』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

劇団銅鑼

劇団銅鑼公演No.47

『父との旅』

  • 公演中
  • 当日券情報あり
  • 割引情報あり
拡大画像を見る
表面|
裏面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2015年3月18日(水)〜3月22日(日)
会場 俳優座劇場
〒106-0032 東京都港区六本木4-9-2
PR・解説 2005年に初演した重松清さん原作の『流星ワゴン』。「死んでもいいかなぁ。」と思っている主人公が過去にタイムスリップし、自分と同い年の父親と旅をする物語でした。青木豪さんの脚色、そして磯村純さん演出のこの舞台は、ご好評いただきいまも話題に上る作品です。それから10年。念願の青木豪、磯村純コンビの第二弾です。今回は青木さん書下ろしの新作。題名からもおわかりのように「父との旅」の物語です。奇しくもまた父親がキーワード。とある温泉宿を舞台に繰り広げられる家族の物語。
ストーリー そこは、日本海に面した温泉街。海と反対方向に車を走らせれば、桜山という低い山があり春ともなればその名の通り、満開の桜が咲く。その温泉街にある小さな旅館「コウノ」。田渕鶴吉は長男・礼王が到着するのを待っている。先に着いた娘夫婦たちはそれぞれの時間を過ごしているらしい。鶴吉はガンだ。遺言状を書くために子どもたちを旅行に誘ったのだ。穏やかに話そうと思っていた鶴吉の思いとはうらはらに騒動を持ち込む子どもたち。春うららとはうらはらな父との旅の物語。
スタッフ 作:青木豪 演出:磯村純 美術:根来美咲 照明:鷲崎淳一郎 音響:中嶋直勝 音楽:寺田鉄生 衣裳:柿野あや 舞台監督:稲葉対介 演出助手:吉田香澄 舞台監督助手:村松眞衣 音声ガイド:鯨エマ 宣伝美術:山口拓三 制作:平野真弓
キャスト 山田昭一、谷田川さほ、佐藤文雄、館野元彦、三田直門、佐藤響子、永井沙織、鈴木啓司、福井夏紀、土井真波、向暁子、木下昌孝
お問い合わせ 劇団銅鑼
03-3937-1101
info@gekidandora.com
劇団銅鑼ホームページ

チケット発売日

2014年12月18日(木)

入場料金

一般5,000円/25歳以下2,500円(税込)

18(水)初日割料金 一般/4,000円

チケット発売窓口

劇団銅鑼 03-3937-1101

チケット販売サイトへ

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:440-269

チケット販売サイトへ

e+(イープラス)
eplus.jp

チケット販売サイトへ

当日券情報 開演1時間前より劇場にて販売
割引情報 18(水)19:00 初日割料金 一般4,000円

公演日程

2015年3月18日(水) 〜 3月22日(日)

上演時間 約1時間40分

2015年3月

15 16 17 18
  • 19:00★
  •  
  •  
19
  • 14:00
  • 19:00
  •  
20
  • 14:00※
  • 19:00※
  •  
21
  • 14:00
  •  
  •  
22
  • 14:00
  •  
  •  
23 24 25 26 27 28
★初日割料金 3月18日(水)一般/4,000円
※イヤホンガイド 3月20日(金)14:00と19:00公演のみ視覚障がい者の方への音声ガイドがあります。
要予約。付添1名様ご招待。聴覚障がい者の方へのサービスもあります。お問合せ下さい。

情報登録:劇団銅鑼

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=34642

トラックバック一覧