高知県立美術館『ビリー・カウイー レジデンス&公演「平らな空の下で/Under the Flat Sky」』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

高知県立美術館

高知パフォーミング・アーツ・フェスティバル2014

『ビリー・カウイー レジデンス&公演「平らな空の下で/Under the Flat Sky」』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2014年12月6日(土)
会場 高知県立美術館ホール
高知県高知市高須353-2
PR・解説 2010年に当館で3D映像3作品を紹介したイギリスの振付家ビリー・カウイー。ヨーロッパを始めとする数々のフェスティバルで作品を発表する他、各地のダンサーとともに作品創作を行うなど、精力的な活動を行っています。11月中旬から2週間ほど高知に滞在し、作品のために選出された国内のダンサーとともにフィルム・ダンス作品を創作・発表します。

Aプログラム「アート・オブ・ムーブメント/Art of Movement」「ダーク・レイン/Dark Rain」は、ビリー作品の特徴である繊細で美しいデザインや詩、耳に心地よい音楽、等身大の3D映像と生身のダンサーによるフィルム・ダンス作品です。観客は3Dメガネを装着して作品を鑑賞します。
Bプログラム「平らな空の下で/Under the Flat Sly」(新作)は、孤独と喪失をテーマとした瞑想の作品です。作品は、5人のダンサーによるダンスと、5つの詩、ローワン・ゲーデル (Rowan Godel) が歌う5つの歌で構成されています。ダンサーは、「アート・オブ・ムーブメント/Art of Movement」や「孤独のタンゴ/Tango de Soledad」でもコラボレーションしたドイツの芸術家シルケ・マンスホルトの映像の世界でダンスを繰り広げます。
スタッフ 演出・振付:ビリー・カウイー
デザイン:シルケ・マンスホルト
通訳・翻訳:門田美和
舞台監督:尾崎聡
キャスト ダンサー:南弓子、 鈴木萌生、橋本玲奈、長谷川風立子、山本香菜子
お問い合わせ 高知県立美術館

入場料金

A・Bプログラムともに前売1,000円・当日1,500円
*全作品ともダンサーと映像のライブパフォーマンスになります。
*身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、戦傷病者手帳、被爆者健康手帳所持者とその介護者(1名)は3割引。(ローソンチケットでは割引なし)
*未就学児入場不可

公演日程

2014年12月6日(土)

2014年12月

  1 2 3 4 5 6
  •  
  • 13:00A
  •  
  • 17:00B
Aプログラム:3D映像&生ダンス公演『アート・オブ・ムーブメント/Art of Movement』、『ダーク・レイン/Dark Rain』(上演時間60分、定員120席) 

Bプログラム:新作映像&生ダンス公演『平らな空の下で/Under the Flat Sky』(上演時間30分、定員399席)

情報登録:高知県立美術館

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=34737

トラックバック一覧