谷中・百鬼夜行絵巻実行委員会『谷中・百鬼夜行絵巻』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

谷中・百鬼夜行絵巻実行委員会

創作人形劇

『谷中・百鬼夜行絵巻』

  • 公演中
  • 当日券情報あり
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2015年2月11日(水・祝)
会場 全生庵
東京都台東区谷中5-4-7
PR・解説 妖怪たちの、まるでお祭りのような人形劇。こどもから大人まで みんな一緒に お寺で観よう!
人形劇団ひとみ座、デフ・パペットシアター・ひとみのメンバーによる、モノの妖怪をテーマにした人形劇を、「牡丹灯籠」などの怪談話で有名な三遊亭円朝のお墓がある全生庵にて上演します!
ストーリー <人形劇のテーマ:モノの妖怪>
かつて日本では、長い年月を経て古くなった道具には魂が宿り、妖怪になると信じられていました。そしてそれらの妖怪を、付喪神(つくもがみ)と呼びました。付喪神は昔からいろいろな物語に描かれてきました。日本の古い絵巻物で、妖怪たちが夜な夜な跳梁跋扈(ちょうりょうばっこ)する様を描いた「百鬼夜行絵巻(ひゃっきやぎょうえまき)」にも、たくさんの付喪神が登場します。
<会場:全生庵>
今回、人形劇の舞台となるのは、台東区谷中の全生庵です。
「牡丹灯籠(ぼたんどうろう)」などの怪談話で有名な三遊亭円朝のお墓があり、夏には円朝の幽霊画コレクションを公開しています。
さらにこの界隈は、古い建物も多く、いかにも妖怪たちが棲みやすい環境です。
ひょっとすると、人形の妖怪たちにまぎれて、ホンモノがいるかもしれません・・・
スタッフ 脚本・演出:白井赫(人形劇団ひとみ座)
音楽:やなせけいこ(デフ・パペットシアター・ひとみ)
人形美術:吉澤亜由美
人形製作:ひとみ座アトリエ
企画:白井赫(人形劇団ひとみ座)
企画・制作:鈴木愛子
キャスト (ひとみ座より)白井赫、高橋奈巳、前島千尋
(デフ・パペットシアター・ひとみより)牧野英玄、やなせけいこ
お問い合わせ 谷中・百鬼夜行絵巻実行委員会
090-9155-0211
yokaiemaki@gmail.com
公式ホームページ

入場料金

大人2,000円/小学生以下1,000円/親子(2名1組)2,500円(全席自由・税込)

当日券は各種+500円

チケット発売窓口

谷中・百鬼夜行絵巻実行委員会 090-9155-0211
http://puppet-emaki.jimdo.com/
tel 090-9155-0211
e-mail yokaiemaki@gmail.com

チケット販売サイトへ

全生庵 03-3821-4715
全生庵でも取り扱っております。全生庵で直接ご購入ください。
当日券情報 (当日券)
大人2500円/小学生以下1500円/親子3000円

公演日程

2015年2月11日(水・祝)


平成26年度台東区芸術文化支援制度対象企画
協力:人形劇団ひとみ座/(公財)現代人形劇センター
情報登録:谷中・百鬼夜行絵巻実行委員会(鈴木)

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=34798

トラックバック一覧