発条ロールシアター『絶版・小動物の正しい飼育方』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

発条ロールシアター

さよならタイニイアリス 企画特別公演

『絶版・小動物の正しい飼育方』

  • 公演中
  • 当日券情報あり
  • 割引情報あり

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2015年3月5日(木)〜3月8日(日)
会場 タイニイ・アリス
〒160-0022  東京都新宿区新宿2-13-6 光亜ビルB1
PR・解説 今年3月で閉館するタイニイアリス。東京の小劇場の老舗であるこの場所の最後に、「小動物の正しい飼育法」を上演する。鳳劇団座長・游劇社(※活動休止中)代表にしてタイニイアリスの現・小屋付きでもある鳳いく太氏が25年前に書いた作品の、今回はリニューアル版である。
出演は、共に游劇社の出身であり発条ロールシアターの所属である加茂克と江戸川良、同じく游劇社出身の杉守加奈子、そして鳳いく太氏とともに游劇社を立ち上げた藤一平という、まさに鳳台本とタイニイアリスの歴史を感じさせる布陣となっている。
演出は発条ロールシアターの則末チエ。不条理劇の傑作である今作品に、別れと再生の意味を込め、甦らせる。
ストーリー 男3人暮らしのアパートの部屋。食う物といえば毎日インスタントラーメンに、餃子は1人2つまで。内職と日雇いで食いつなぐお気楽刹那な共同生活。
そんなある日、男の1人が夜店で買ってきた小さな生き物。
抱いちゃダメ、食べさせちゃダメ、飲ませちゃダメなその可愛い生き物にメロメロになる男たち。
だがその生き物は急激に成長し、男たちの生活を飲み込んでいくのだった…。

1989年のオリジナル版上演より25年。鳳いく太氏本人が大幅改定した不条理劇の傑作台本に、発条ロールシアターの則末チエが新たに息を吹き込む。
30年の歴史を持つタイニイアリスの最後の年に送る「絶版」。
初上演、しかしこれにて絶版―。
スタッフ 照明:廣瀬浩司、音響:鶴岡泰三(音スタ)、制作:後藤優也(夢幻堂)、協力:池山喜勇、川口泰三、花見卓哉
キャスト 藤一平、江戸川良、加茂克、杉守加奈子、則末チエ
お問い合わせ 発条ロールシアター
03-3336-1602
hatsujoroll@yahoo.co.jp
発条ロールシアターホームページ

チケット発売日

2015年1月24日(土)

入場料金

前売2,500円/当日2,800円/学生1,500円(全席自由・税込)

学生→当日受付にて学生証をご提示ください。

チケット発売窓口

発条ロールシアター 03-3336-1602
メールの場合は、hatsujoroll@yahoo.co.jpに、名前、連絡先、日時、枚数を送信してください。

チケット販売サイトへ

CoRich舞台芸術!

チケット販売サイトへ

当日券情報 開演30分前より劇場にて販売
割引情報 【リピーター割引】2回目以降、半券持参で通常料金2,500円→1,500円

公演日程

2015年3月5日(木) 〜 3月8日(日)

上演時間 約80分

2015年3月

1 2 3 4 5
  •  
  • 19:00
  •  
6
  •  
  • 19:00
  •  
7
  • 14:00
  • 19:00
  •  
8
  • 14:00
  • 18:00
  •  
9 10 11 12 13 14
上演時間80分予定

情報登録:発条ロールシアター

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=35257

トラックバック一覧