パラドックス定数『怪人21面相』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

パラドックス定数

パラドックス定数 第十項

『怪人21面相』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
中面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2006年5月12日(金)〜5月14日(日)
会場 spaceEDGE
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-26-17 1F
PR・解説 怪人21面相

警視庁指定114号事件
この事件は犯人グループの仕掛けた壮絶な心理戦争である。
要求総額25億円。1984年、日本を敵に回した四人の男。
コンクリートの密室。冷徹な灯。灰色の沈黙。
男が一人、鉄の階段を降りて来る―――――

作・演出 野木萌葱
出演 植村宏司、十枝大介、杉田健治、小野ゆたか

2004年「5seconds」佐藤佐吉祭脚本賞、2005年「大正八年 永田町」佐藤佐吉祭脚本賞を受賞した野木萌葱が送る「個人と社会の相克」を描く最新作。「三億円事件」「731」に続く、戦後未解決事件シリーズの集大成。

パラドックス定数 第十項「怪人21面相」
2006年5月12日(金)〜5月14日(日)、渋谷space EDGEにて公開。
ストーリー 警視庁指定114号事件。この事件は犯人グループの仕掛けた壮絶な心理戦争である。

現職社長誘拐。要求総額25億円。応じなければ貴社の製品に青酸を混入する。
狭い部屋で淡々と言葉を交わしながら、犯罪の計画を立て実行に移す四人の男。
さながらゲームを楽しむかの様な余裕を感じさせる彼等も、次第に犯罪の持つ狂気に呑まれてゆく。
企業倫理、報道姿勢、警察捜査を軸に日本現代史の闇を見つめる。
自らの属している組織をも脅かす犯罪にのめり込む、倒錯した自己を抱える男達を描く。
スタッフ 作・演出=野木萌葱(パラドックス定数)/照明=木藤歩/宣伝美術=山菜春菜/WEB広告=JAPSCRAPS メグジョ 富永淳 ほか
キャスト 植村宏司/十枝大介/杉田健治/小野ゆたか
お問い合わせ パラドックス定数
080-5509-5033
paradox_constant@yahoo.co.jp
パラドックス定数公式SITE
パラドックス定数 第十項 怪人21面相 公演案内SITE

チケット発売日

2006年4月13日(木)

入場料金

前売り2,500円/当日3,000円(全席自由・税込)

チケット発売窓口

パラドックス定数 020-5509-5033
パラドックス定数「怪人21面相」チケット予約専用フォーム

チケット販売サイトへ

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:368-643

公演日程

2006年5月12日(金) 〜 5月14日(日)

2006年5月

7 8 9 10 11 12
  • 19:00※
  •  
  •  
13
  • 14:00※
  • 19:00※
  •  
14
  • 13:00※
  • 17:00※
  •  
15 16 17 18 19 20
※会場は開演の30分前です。
※途中入場は出来ません。

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=3526

トラックバック一覧