『ショウ・ボート』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

オーバード・ホール名作ミュージカル上演シリーズ第5弾

『ショウ・ボート』

  • 公演中
  • 割引情報あり

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2015年3月12日(木)〜3月15日(日)
会場 オーバード・ホール 富山市芸術文化ホール
〒930-0858 富山県富山市牛島町9-28
PR・解説 ハロルド・プリンス版 日本初演!
1927年の初演で大ヒットを記録した近代ミュージカルの金字塔!

舞台となるのは、ミシシッピ川に浮かぶ劇場船「コットン・ブロッサム号」。
船長の娘マグノリアと賭博師ゲイロードの波乱に富んだ人生、さらには黒人労働者の人種問題が描かれています。

それまで主流だったレビューやオペレッタとは一線を画しており、アメリカ社会が抱える深刻な問題に正面から挑んだことでも話題となりました。そして何と言ってもジェローム・カーン作曲の音楽が秀逸。黒人使用人のジョーが労働の苛酷さを歌う「オール・マン・リバー」はあまりにも有名。また、ジュリーが歌う「あの人を愛さずにはいられない」、マグノリアとゲイロードのデュエット「メイク・ビリーブ」「ユー・アー・ラブ」など数々の名曲が揃っています。
ストーリー 19世紀末のアメリカ、ミシシッピ川。
芸人達の夢を乗せたショウ・ボート「コットン・ブロッサム号」は、
夜毎、港町で絢爛豪華なショーを繰り広げていた。
船長の従順な娘、マグノリアは流れ者の賭博師ゲイロードと恋に落ち、
周囲の者をハラハラさせながら結婚。
しかし結婚生活は長く続かず、ゲイロードの借金は増えるいっぽう。
ほどなくして彼はマグノリアと幼い娘のもとを去る。
生活が苦しくなった彼女はミュージックホールで歌手となり、
父親のアンディ船長と再会を果たす。
そして歳月は流れ…。
スタッフ 演出・振付:ロジャー・カステヤーノ
キャスト マグノリア:土居裕子 ゲイロード:岡 幸二郎
ジュリー:剣 幸(特別出演) アンディ船長:浜畑賢吉(特別出演)
フランク:本間憲一 エリー:北村岳子 キム:麻尋 えりか

パーシー:末次美沙緒 スティーブ:川井康弘 クイーニー:田中利花
ウィンディ:浅地直樹 ジョー:長谷川大祐 ヴァロン保安官:石本伎市朗 ほか
お問い合わせ (公財)富山市民文化事業団 総務企画課
076-445-5610
オーバード・ホール『ショウ・ボート』

入場料金

5,000円/ジュニア券(小学生〜高校生)2,000円(全席指定・税込)

※未就学児童のご入場はご遠慮ください。

チケット発売窓口

アスネットカウンター(オーバード・ホール1階) 076-445-5511
チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:439-443

チケット販売サイトへ

ローソンチケット
l-tike.com
0570-084-005
Lコード:57490

チケット販売サイトへ

e+(イープラス)
eplus.jp

チケット販売サイトへ

アーツナビ (富山県教育文化会館、高岡文化ホール、新川文化ホール)

チケット販売サイトへ

割引情報 平日公演を座席エリア&席数限定で30%割引!
平日の公演をよりお手ごろにお楽しみ頂くために、充実の割引プランをご用意しました。

【シニア割】60才以上のお客様方対象
【ペア割】 同じ公演をおふたりでご鑑賞の方
【マイセレクト割】公演日時、券種の組み合わせは自由で、2枚以上同時にご購入の方
【障害者割】障害者手帳をお持ちの方
 ※チケット購入時または公演入場時に障害者手帳をご提示ください。

★特別割引チケットはアスネットカウンター(オーバード・ホール1階)TEL.076-445-5511でのみご購入いただけます。

公演日程

2015年3月12日(木) 〜 3月15日(日)

2015年3月

8 9 10 11 12
  • 13:00
  •  
  • 18:30
13
  • 18:30
  •  
  •  
14
  • 13:00
  •  
  • 18:30
15
  • 13:00
  •  
  •  
16 17 18 19 20 21
※開場は各開演時間の30分前です。

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=35339

トラックバック一覧