鎌倉能舞台『能を知る会 鎌倉公演』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

鎌倉能舞台

『能を知る会 鎌倉公演』−能の貴公子−

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2015年5月2日(土)
会場 鎌倉能舞台
〒248-0016 神奈川県鎌倉市長谷3-5-13
PR・解説 「能のイケメン」の隠れテーマで「光源氏」と「在原業平」を主人公とする能をご覧頂きます。鎌倉の桜は終わっていますが、午前の部は、須磨の若木桜(わかきのさくら)の下で光源氏が舞う「須磨源氏(すまげんじ)。午後の部は京都、大原の満開の桜の下で在原業平が舞う「小塩(おしお)」いずれも桜の名曲です。
ストーリー 朝の部 能「須磨源氏」
永遠のプレイボーイ光源氏を主人公とし、彼の数奇かつ華麗な一生を描いた曲。
藤原興範が、須磨の浦で老人から昔ここに配流された光源氏の話を聞いているうち、老人は源氏の化身とほのめかして姿を消す。やがて源氏が華麗な姿をあらわし、遊舞の末夜明けとともに消え失せる。
融の類曲で、華やかに舞われる「早舞」など見どころの多い名曲です。

昼の部 能「小塩」
都の人たちが大原に花見に行くと一人の老人が桜の花を持ち佇んでいる。声を掛けると老人は大原野の桜の景色を見せたり業平が詠んだ小塩山の和歌などを語り夕暮れに消え失せる。
花見の人々が夜もすがら桜を眺めていると在原業平が在りし日の典雅な姿で現れ昔を偲ぶ舞などを舞いながら夜明けと共に消え失せていく。
スタッフ 解説:中森貫太
狂言:深田博治、高野和憲、中村修一、岡聡史、内藤連
能:【シテ方】中森貫太、奥川恒治、遠藤喜久、鈴木啓吾、佐久間二郎、小島英明、坂真太郎、桑田貴志、中森健之介、河井美紀
【ワキ方】大日方寛、則久英志
【囃子方】笛:一噌隆之、小鼓:幸正昭、大鼓:亀井広忠、太鼓:小寺真佐人 
キャスト 朝の部/解説「〜能の貴公子〜光源氏と在原業平」中森貫太、狂言「歌争(うたあらそい)」深田博治 他、能「須磨源氏(すまげんじ)」中森貫太 他
昼の部/解説「〜能の貴公子〜光源氏と在原業平」中森貫太、狂言「八句連歌(はちくれんが)」 高野和憲 他、能「小塩(おしお)」鈴木啓吾 他
お問い合わせ 鎌倉能舞台
0467225557
webmaster@nohbutai.com
鎌倉能舞台HP

入場料金

自由席5,500円(全席自由・税込)

プラス千円で座席のご予約を承ります。座席指定の予約ご希望の方は、鎌倉能舞台事務所宛にお電話でお申し込みください。

チケット発売窓口

鎌倉能舞台 0467225557
プラス千円で座席のご予約を承ります。
座席指定の予約ご希望の方は、鎌倉能舞台事務所宛にお電話でお申し込みください。
鎌倉能舞台の座席表はこちら http://www.nohbutai.com/contents/01/kamakura_zaseki.pdf

チケット販売サイトへ

eプラス 朝の部「須磨源氏」
http://eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002150944P0030001

チケット販売サイトへ

eプラス 昼の部「小塩」
http://eplus.jp/sys/T1U14P002150947P0030001P006001P0010175

チケット販売サイトへ

公演日程

2015年5月2日(土)

上演時間 約2時間〜2時間半

2015年5月

          1 2
  • 10:00
  • 14:00
  •  

情報登録:鎌倉能舞台

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=35694

トラックバック一覧