鎌倉能舞台『能を知る会 東京公演』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

鎌倉能舞台

『能を知る会 東京公演』「照明で能はどう変わるか」

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2015年6月21日(日)
会場 国立能楽堂
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-18-1
PR・解説 「照明で能はどう変わるか」がテーマの企画公演です。通常能楽堂では照明を上演中に操作することは無く、常に舞台全体を隈無く照らすセッティングになっています。今回は現代演劇のように場面に合わせて照明を操作し、観客の方々がより想像力を働かせて能楽を面白く観て頂くように工夫してみます。
ストーリー 「天鼓」あらすじ
天から降ってきた鼓を持つ天才少年楽人天鼓が、その鼓を差出せとの勅命に背いて殺される。それきり鼓は鳴らなくなったのを、父親が参上して打ったところ素晴らしい音が響く。
感動した帝は、天鼓を処刑した呂水の堤に行幸し盛大な音楽葬で弔うと、天鼓の亡霊が現われて喜びの舞を舞い、夜明けとともに消え失せる。
「芸術は権力より強し」とでも言いたいような内容です。美しく楽しい演目の一つです。
スタッフ 狂言:山本泰太郎、山本則孝、山本則秀、山本凜太郎、若松 隆 
【シテ方】観世喜之、観世喜正、中森貫太、五木田三郎、駒瀬直也、奥川恒治、遠藤喜久、鈴木啓吾、佐久間二郎、小島英明、坂真太郎、中森健之介、久保田宏二 
【ワキ方】森 常好 
【囃子方】笛:一噌庸二、小鼓:幸正昭、大鼓:安福光雄、太鼓:観世元伯
キャスト 解説:照明で能はどう変わるのか? 照明を工夫した狂言と能の試み
仕舞「賀茂(かも)」観世喜之
仕舞「籠太鼓(ろうだいこ)」観世喜正
狂言「神鳴(かみなり)」山本泰太郎 他
能「天鼓【弄鼓之舞】(てんこ ろうこのまい)」中森貫太 他
お問い合わせ 鎌倉能舞台
0467225557
webmaster@nohbutai.com
鎌倉能舞台HP

入場料金

正面自由席8,000円/正面自由席(団体・友の会)7,500円/脇・中自由席6,000円/脇・中自由席(団体・友の会)5,500円(税込)

※プラス千円で座席のご予約を承ります。座席指定の予約ご希望の方は、鎌倉能舞台事務所宛にお電話でお申し込みください。
※団体:10名様以上

チケット発売窓口

鎌倉能舞台 0467225557
プラス千円で座席のご予約を承ります。
座席指定の予約ご希望の方は、鎌倉能舞台事務所宛にお電話でお申し込みください。

チケット販売サイトへ

国立能楽堂 0334231331
チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:443-200

チケット販売サイトへ

e+(イープラス)
eplus.jp

チケット販売サイトへ

公演日程

2015年6月21日(日)

上演時間 約2時間45分

2015年6月

21
  • 14:00
  •  
  •  
22 23 24 25 26 27

情報登録:鎌倉能舞台

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=35696

トラックバック一覧