ボタタナエラー『ナマジッカーズ』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

ボタタナエラー

『ナマジッカーズ』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2006年7月19日(水)〜7月23日(日)
会場 「劇」小劇場
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-6-6
PR・解説 ボタタナエラーとはタナからボタモチをエラーする事の略です。
ままならぬ現実と格闘する人々を描きます。
今作は、田舎の旧家を舞台にし、談合に関わる兄、パンクロッカーの弟、家を出るか悩む妹を軸とした、熱くなったり冷めたりの、ナマジッカな感じの群衆劇です。
ストーリー  ある田舎の旧家。家に住むのは長男の浅夫とその妹ユラコの二人で、両親はすでに他界している。
 次男の中也は10年程前、音楽業界での成功を志し、地元のバンド仲間とも別れ、家を出て単身上京した。東京で活動した中也は、業界内で少しは知られた顔になるが、些細な事で暴力事件を起こし、以降行方をくらましてしまう。
 中也の元バンド仲間で今は警察官の津曲が、浅夫に呼び出され相談を受ける。ビルメンテナンス会社に勤める浅夫は、昔からのしきたりに習い、公共施設の清掃業務を、談合で受注する役目に付いていた。談合防止が公約の市長が当選したため、警察内部の動きを津曲に探ってもらったのだった。
 浅夫たちの家の裏にアパートがあり、その一室に東京出身の若い女が住み始める。シドと名乗るパンクファッションの彼女は、中也と何か関わりがあったらしい。ユラコは彼女にどこか影響され、次第に家や故郷を離れたく思い始めてしまう。
スタッフ 作・演出=村田与志行/照明=関塚千鶴(ライオン・パーマ)/音響=みづのかえる/舞台美術=泉真/舞台監督=大槻めぐみ/オブジェ=好宮温太郎(タテヨコ企画)/宣伝美術=KOJOPOM/制作=奈良原博子
キャスト 川崎桜/斉藤正恵/鈴木芳/高田智之/高見綾子(JUSTICE)/津田タカシゲ/奈良原博子/萩尾麻由/春山剛/古川直美/増井太郎/増田英敏/村田与志行/夕起ゆきお
お問い合わせ ボタタナエラー
03-5722-3836 / 090-5993-2984
info@botatana.com
ボタタナエラー

チケット発売日

2006年6月5日(月)

入場料金

前売2,500円/当日2,700円(全席自由・税込)

チケット発売窓口

ボタタナエラー 03-5722-3836

チケット販売サイトへ

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:784-273

公演日程

2006年7月19日(水) 〜 7月23日(日)

2006年7月

16 17 18 19
  • 19:30
  •  
  •  
20
  • 19:30
  •  
  •  
21
  • 19:30
  •  
  •  
22
  • 15:00
  • 19:30
  •  
23
  • 14:00
  • 18:00
  •  
24 25 26 27 28 29

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=3607

トラックバック一覧