東京ジャンクZ『蒼いラフレシアの鼓動』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

東京ジャンクZ

東京ジャンクZvol.4

『蒼いラフレシアの鼓動』〜The beat of blue Rafflesia〜

  • 公演中
  • 当日券情報あり
  • 割引情報あり
拡大画像を見る
表面|
裏面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

早期割・平日昼割のステージ、予約殺到中!!
ご予約はお早めに!!

公演データ

公演期間 2015年5月23日(土)〜5月31日(日)
会場 早稲田大学大隈講堂裏劇研アトリエ
〒162-0041 東京都新宿区早稲田鶴巻町538
PR・解説 東京ジャンクZは間もなく旗揚げ3年目を迎える訳ですが、旗揚げから現在までの作品を時系列順に振り返ってみましょう。
 まず旗揚げ試演会『空中楼閣のブルース』。火砕流で壊滅的な被害を受けた閉鎖的な小島を舞台に繰り広げられた泥沼サバイバル舞台。全ステージ満員でとにかく暑い場内でしたが、後半に待つ緊張感漂う重い展開ではお客様ほぼ全員が前のめりで舞台に釘付けになるという異様な光景が広がりました。
 そして第一回公演『あだちンち』では、朝ドラ的作品をテーマに前作とは打って変わって終始一貫して明るくほっこりする芝居を展開。
 続いて、番外公演での東京ジャンク新喜劇第1弾『野村満載』では、吉本新喜劇っぽいけどどこか違う、新喜劇のレールの上でデタラメ騒ぎをするジャンクZ流の新喜劇を展開し、難しいことを一切考えずにただ笑って、たまに涙して、そしてまた笑う、という「ひたすら楽しい」お祭りになりました。
 第二回公演『新・空中楼閣のブルース』では、旗揚げ試演会の再演になるかと思いきや完全にリライトして、設定はそのままだが人物などは大胆にチェンジした全く別の作品に変身。とは言いつつ初演と同様に明るかった雰囲気から一気に地獄の展開を迎え、また今回は新たにサスペンスとして謎解きの要素も加わり、その中で「生きることのアイデンティティ」を模索するという、ますます緊張と衝撃度の高い壮大なドラマとなりました。
 第三回公演『サスペンデッドアワー』では、「ジャンクZ流のルパンをやろう」という名目で、ハードボイルドあり、歌有り、豪快アクションありな痛快エンタメを展開。誰もがスカッと出来るような作品でした。
 そして番外公演・東京ジャンク新喜劇第2弾『100万回生きたねこの野郎』は、前回と同様に新喜劇というパッケージの中で徹底的にデタラメの限りを尽くして、さらには毎ステージ後のアフターイベントも合わせて、ジャンクZが贈る楽しい文化祭となりました。
 意図的だか偶然だか公演時期によって毛色がはっきりと分かれてしまいました。ここは、この結果を利用して、次回公演は5月らしい公演をやってみようと思います。
 『蒼いラフレシアの鼓動』。三度目の正直な5月として、緊張度・衝撃度はいつも以上に高く、空調の効かない暑い劇研アトリエの中でどこかヒヤッとするような、だけどジャンクZらしく楽しい・ド派手でアツいドラマをお贈りします!
ストーリー ラフレシア。それは世界最大の花と呼ばれている。
開花するのに2年かかるが、咲いたら3日で枯れてしまう。
だから目にする機会がほとんどない。
おまけに糞のような悪臭を放つため、咲いた途端に蠅が集る…。

高校最後の夏。
僕たちはラフレシアを探してがむしゃらに彷徨った。
国体でも甲子園でもなく、僕らが目指すはラフレシアだった。
こいつを見つけて発表すれば、
今までのような日陰の生活から卒業できる。
一躍、人生のスポットライトを浴びる、はずだった。
だけどラフレシアなんて簡単に見つかるはずもなくて、
結局、僕たちはただ漠然と凄い何かを世に知らしめたいだけだった。
最後の夏は、そう簡単には忘れさせてくれない。

間もなく旗揚げ3年目に突入する東京ジャンクZの本公演第4弾は、
ピザで言うならセンチメンタルと中二病がハーフ&ハーフになった(耳にはチーズとソーセージ入り!)、
極寒!真夏のB級青春グラフィティ!!?!
※ただし、劇場内は空調設備の不備により猛暑でございます。
スタッフ 【脚本・演出】畑田哲大
【舞台美術】伊藤健太
【舞台監督】水澤桃花
【音響】田中亮大(Paddy Field)
【音響協力】志水れいこ
【衣装】今井愛梨
【小道具】薛朋花
【演出助手】藤岡皇佑
【宣伝美術】カトウリョウ
【写真撮影】下田直樹
【当日運営】足立悠子(ブルドッキングヘッドロック)
【制作】鐵祐貴
【主催】早稲田大学演劇研究会
キャスト 鐵祐貴・森川幸大・小川夏鈴・薛朋花・佐伯浩行・岩瀬皓旭・納葉・柘植ノゾム・岸田大地・粂川鴻太・中嶋尊望・榎本純
お問い合わせ 東京ジャンクZ
080-9876-8532
z.tokyojunk@gmail.com
東京ジャンクZ

チケット発売日

2015年4月10日(金)

入場料金

一般前売・当日1,800円/学生割1,500円/早期割1,300円/平日昼割1,300円/新入生割1,000円/高校生以下500円(全席自由・税込)

チケット発売窓口

東京ジャンクZ 080-9876-8532
https://ticket.corich.jp/apply/64130/
CoRich!のURLからもしくは、下記のお問い合わせ先までご連絡ください。
z.tokyojunkz.com
080-9876-8532

チケット販売サイトへ

当日券情報 受付開始の開演45分前より劇場にて販売
割引情報 5/23,5/24 19:00開演のステージは早期割、
5/27,5/29 14:00開演のステージは平日昼割で、
両方の割引とも、通常料金1,800円→1,300円に!

公演日程

2015年5月23日(土) 〜 5月31日(日)

上演時間 約2時間の予定です。

2015年5月

17 18 19 20 21 22 23
  • 19:00★
  •  
  •  
24
  • 19:00★
  •  
  •  
25
  • 19:00
  •  
  •  
26
  • 19:00
  •  
  •  
27
  • 14:00◎
  • 19:00
  •  
28
  • 19:00
  •  
  •  
29
  • 14:00◎
  • 19:00
  •  
30
  • 14:00
  • 19:00
  •  
31
  • 14:00
  •  
  •  
           
★は早期割、◎は平日昼割で、通常より500円お得な1,300円でご覧頂けます!

情報登録:東京ジャンクZ

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=36150

トラックバック一覧