花組芝居『百鬼夜行抄2』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

花組芝居

『百鬼夜行抄2』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

人と共に妖魔あり――。
花組芝居初のマンガ作品の舞台化で、2003年には満員御礼を果たした「百鬼夜行抄」。第二作目にして、その作風にがらりと変化が!?
定番に甘んじないことが、花組芝居の身上!
原作者、脚本家までもが驚愕!?新キャラ登場に伴い、なんとレギュラー陣の配役までも一新の予定!!
“お化けがゲストで登場するサザエさん”というテイストまでもが、ダークに変化か!?
人と妖魔が織り成す怪異譚。
なにが起こるか、幕開きまで誰にもわからない・・・!!!

公演データ

公演期間 2006年9月1日(金)〜9月10日(日)
会場 博品館劇場
〒104-8132 東京都中央区銀座8-8-11 博品館トイパーク8F
PR・解説 創立から19年。歌舞伎、シェイクスピアや泉鏡花、完全オリジナルと、様々なジャンルの芝居を取り込んできた花組芝居が、初めて手がけたマンガの舞台化。今回は2003年に上演し大好評を博した『百鬼夜行抄』の続編となる。
今市子作『百鬼夜行抄』は朝日ソノラマ刊の雑誌『ネムキ』に連載中の人気作品で、タイトル通りちょっと怖いマンガ。
亡くなった祖父から、妖魔が見える不思議な力を受け継いだ主人公、飯嶋律が日常的に遭遇する、“非日常的”な出来事を描き綴った連作もの。同じく“見える”力を持ついとこ達や、多少のことには動じない母や祖母、一度死んで蘇った父親(実は父親の“亡骸”を棲家にしている妖魔)…。さらに、律の手下となる文鳥妖魔、尾白・尾黒コンビが絡み、怖いながらもコメディテイストが盛り込まれた、ホームドラマが繰り広げられる。
脚本は、リリパットアーミーIIの座長、わかぎゑふ。14巻に及ぶ、長大なシリーズの本作から、花組テイストにフィットする物語を選び込み、オリジナルなストーリーには歌舞伎要素をふんだんに織り込む。わかぎさんの手腕は今回も見事。そうして、花組芝居でしか見られない『百鬼夜行抄』が誕生する。
ストーリー この物語の主人公、飯嶋律は、現在大学2年生。亡くなった祖父から異界のものが見える才能=見鬼(けんき)という力を受け継いだためか、飯嶋家には妙なことがしょっちゅう起きる。そしてそのたびに、律は騒動に巻き込まれている。
家族は祖母と母と風変わりな父と律との4人。律が4歳の時、父親は心臓発作を起こし倒れて死んだが、数時間後に息を吹き返した。というのは表向きで、実は体は父親のものだが、中身は青嵐という竜の精。生前の、律の祖父・蝸牛の命により青嵐は、死んだ父親の体を棲家にして、律を守護する存在となったのだ。さらに律には、家来となった文鳥の妖魔、尾白と尾黒もつきまとっており、飯嶋家には騒々しくも一見和やかな日々が流れている。
そんな一家に今日はとびきり奇妙な出来事が起きる。
26年前に行方不明になっていた、律の伯父・開が、なぜか庭からいきなり現れたのだ。しかも記憶は行方不明になった当時のまま。そして開の後ろには、彼を追い慕う妖魔の存在が見え隠れしている。飯嶋家にまた一人、見鬼の力を持つ人物が加わって、騒動の度合いも増してゆく・・・。
スタッフ 原作=今市子(朝日ソノラマ刊)/脚本=わかぎゑふ(リリパットアーミーII)/演出=加納幸和/美術=川口夏江/照明=橋本和幸/音響=清水吉郎/衣裳=松竹衣裳株式会社/小道具=石井みほ/舞台監督=二本松武 ほか
キャスト 加納幸和/水下きよし/原川浩明/溝口健二/山下禎啓/桂憲一/八代進一/大井靖彦/北沢洋/横道毅/嶋倉雷象/各務立基/秋葉陽司/松原綾央/磯村智彦/小林大介/美斉津恵友/堀越涼
お問い合わせ 花組芝居
03-3709-9430 / 03-3709-9431
office@hanagumi.ne.jp
花組芝居HP

チケット発売日

2006年6月10日(土)

入場料金

一般前売5,800円/学生前売4,800円/一般当日6,000円/学生当日5,000円(全席指定・税込)

学生割引は平日のみ

チケット発売窓口

花組芝居 03-3709-9430
03-3709-9439でも電話受付中

チケット販売サイトへ

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:369-181
ローソンチケット
lawsonticket.com
0570-084-003 Lコード:37945
e+(イープラス)
eplus.jp

公演日程

2006年9月1日(金) 〜 9月10日(日)

2006年9月

          1
  • 19:00
  •  
  •  
2
  • 13:00
  • 18:00
  •  
3
  • 13:00
  • 18:00
  •  
4
  • 19:00
  •  
  •  
5
  • 19:00
  •  
  •  
6
  • 19:00
  •  
  •  
7
  • 14:00
  • 19:00
  •  
8
  • 19:00
  •  
  •  
9
  • 13:00
  • 18:00
  •  
10
  • 13:00
  • 18:00
  •  
11 12 13 14 15 16

新神戸オリエンタル劇場にても公演あり。
9月16日(土)13:00/18:00
9月17日(日)13:00
花組芝居他でチケット発売中!

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=3641

トラックバック一覧