劇団神馬『12人の怒れる学校へ行こう!』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

劇団神馬

劇団神馬第19回本公演

『12人の怒れる学校へ行こう!』恋愛 部活 いじめ バカ 青春 陪審員!

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2006年7月7日(金)〜7月10日(月)
会場 タイニイ・アリス
〒160-0022  東京都新宿区新宿2-13-6 光亜ビルB1
PR・解説 詳細は劇団HPへアクセス!
http://www.asutoeito.co.jp/shimba/

現在、公演の予告篇映像、イメージソングミュージッククリップなどを収録した「CDチラシ」を無料で配布しております!
興味のある方は、郵便番号・住所・お名前を記入の上、shimba_seisaku@hotmail.comまでご連絡下さい!
※数に限りがございます。お早めにどうぞ!!!
ストーリー とある高校の鶏小屋で、鶏が殺されるという事件があった。自治委員会は一人の生徒「3年D組:田中太一」を犯人として拘束。数日後、学内裁判所にて、その生徒の審理が行われた。
評決を下すのは生徒の中から無作為に選ばれた12人の陪審員。
受験からくるストレスでむしゃくしゃしてやったのだろう、という意見が大勢をしめるなか、1人の陪審員が、田中君の無罪を訴える。

「田中君は鶏を殺してはいません」

話し合いの中で明らかになる真理。浮かび上がる学園、部活内の根深い問題の数々。
学園を舞台に、スポコンあり、コスプレあり、恋あり、教育問題あり、陪審員あり
その中で「生きるとは何か」を問いかける“熱血青春バカ・グラフィティ”
田中君は本当に鶏を殺したのか!?―
スタッフ 作・演出=上野憲明/制作=劇団神馬制作部/音響プラン=中山紘之(円)/テーマソング=いわさききょうこ ほか
キャスト 五十嵐真理(劇団神馬)/印宮伸二(劇団神馬)/大野裕子(劇団神馬)/荻山恭規(劇団神馬)/関谷誠(劇団神馬)/井伊順子(フリー)/倭文俊(フリー)/野島ののじ(フリー)/眞賀里知乃(大人の麦茶)/松本紫(フリー) ほか
お問い合わせ 劇団神馬
shimba_seisaku@hotmail.com
劇団神馬

チケット発売日

2006年5月19日(金)

入場料金

前売:ペア4,000円/前売:一般2,300円/前売:18歳以下2,000円/当日:一般2,500円/当日:18歳以下2,200円(全席自由・税込)

チケット発売窓口

劇団神馬

チケット販売サイトへ

公演日程

2006年7月7日(金) 〜 7月10日(月)

2006年7月

2 3 4 5 6 7
  •  
  •  
  • 19:30
8
  • 14:00
  • 18:00
  •  
9
  • 14:00
  • 18:00
  •  
10
  •  
  • 18:00
  •  
11 12 13 14 15

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=3668

トラックバック一覧