鎌倉能舞台『能を知る会鎌倉公演』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

鎌倉能舞台

『能を知る会鎌倉公演』−世界遺産/賀茂神社−

  • 公演中
  • 割引情報あり
拡大画像を見る
表面|
裏面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2015年10月7日(水)
会場 鎌倉能舞台
〒248-0016 神奈川県鎌倉市長谷3-5-13
PR・解説 水無月祓:水無月祓は類曲に「班女」があり、そちらが人気曲なために滅多に出ません。しかし賀茂神社の大祓いの景色を上手に描いた、小品ながらよくまとまった曲です。
小さな茅の輪をつけた笹を持って舞う姿が珍しく、 いかに女性らしく、狂女らしく演じるかを工夫していきます。

班女:「扇」がキーワードの曲でから扇の扱いには、特に神経を使います。いかにも大切な「形見」という風情で演じます。使用する中啓(扇)はこの曲専用の柄を用意しています。
間狂言の女主人とシテとの噛み合わないやり取りが前半の見せ場。後半は舞が中心となり、見どころの多い名曲です。
ストーリー 水無月祓:室津の遊女と結婚を約束した男が行方知れずになった女を尋ねて、賀茂の明神に祈願をしに行く。時は六月の晦日、この日に茅の輪をくぐると悪を祓うと参詣客に熱心にそれをすすめる狂女がいる。見ると自分の捜している女性。女も男を尋ねて賀茂神社に来ていた。賀茂神社の縁で二人はめでたく結ばれる。男女の再開を描いた名曲「班女」の類曲。短かくて動きも多く、意外に楽しい曲です。

班女:美濃の国野上宿の遊女「花子」は呼ばれた座敷に居合わせた吉田少将と恋に落ちるが、帰路の迎えを待つ間座敷に上がらずにいたために主人に追い出させる。
 その後再会を祈念するために賀茂神社に参詣したところ、同じ思いで参詣にやってきた吉田少将と以前取り替えた扇の縁により再開を果たす。
キャスト 午前の部
解説:中森貫太    
狂言:野村萬斎 飯田 豪 高野和憲 他  
能:シテ方 中森貫太 遠藤喜久 鈴木啓吾 永島 充 小島英明 桑田貴志 中森健之介  
ワキ方 野口能弘     
囃子方 安福光雄 鵜澤洋太郎 藤田貴寛   

午後の部
解説:中森貫太    
狂言:野村萬斎 中村修一 他  
能:シテ方 中森貫太 奥川恒治 遠藤喜久 鈴木啓吾 永島 充 小島英明 桑田貴志 中森健之介  
ワキ方 野口能弘     
囃子方 安福光雄 鵜澤洋太郎 藤田貴寛  
お問い合わせ 鎌倉能舞台
0467-22-5557
webmaster@nohbutai.com
鎌倉能舞台

入場料金

5,500円(全席自由・税込)

座席指定料1000円(プラス1000円でお好きな座席の指定ができます。)

チケット発売窓口

イープラス 午前の部「水無月祓」

チケット販売サイトへ

イープラス 午後の部「班女」

チケット販売サイトへ

割引情報 団体・友の会会員は500円引き。(「団体」料金は10名様以上から承ります。)
通常料金5,500円→5,000円

公演日程

2015年10月7日(水)

2015年10月

4 5 6 7
  • 10:00
  • 14:00
  •  
8 9 10

情報登録:鎌倉能舞台

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=36971

トラックバック一覧