プーク人形劇場『堀絢子ひとり芝居「朝ちゃん」』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

プーク人形劇場

プーク人形劇場 2015平和企画

『堀絢子ひとり芝居「朝ちゃん」』今、伝えたい。非戦を願い、平和を祈る、魂の舞台−−!

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2015年8月5日(水)〜8月6日(木)
会場 プーク人形劇場
〒151-0053 東京都渋谷区代々木2-12-3
PR・解説  戦後70年。この夏、プーク人形劇場で、8月5日と6日の両日「プーク人形劇場 2015平和企画」と題し、堀絢子ひとり芝居「朝ちゃん」の公演を行います。

 人形劇団プークは、治安維持法による劇団員の投獄、強制解散による活動停止という、戦争時代の弾圧をくぐり抜けてきました。非戦の声を上げ続けることが、私たちの使命でもあると感じています。

 戦争というものの非情さを、平和と命の尊さを感じてほしい…、ひとりでも多くの人に、とくに若者や子どもたちに見てほしいと願っております。
ストーリー その朝、広島じゅうがお母さんをよんでいました―――
 舞台は原爆投下翌朝の広島。
 15歳の少女秋子がひとりで焼け跡をさまよっていると、焼け跡の中から顔はザクロのように割れ、全身が焼けただれた瀕死の朝子を見つけ出す。
 秋子は、朝子の母を呼んできて朝子と再会させたが、朝子は「水がほしい」と言い続けながら母の手の中で徐々に弱っていく。朝子を早く休ませるために急いで家に向かう3人。そして、そんな朝子の家族を見て、秋子は自分の境遇について思いを巡らせる ーーー

 原作は、奈良県在住の作家、山本真理子さんの「広島の母たち」。秋子、朝子、朝子の母と兄、語りの部分と堀絢子が一人で5役をみごとに演じ分けます。
スタッフ ・出演・企画・構成/堀 絢子
・原作/山本真理子「広島の母たち」より(岩崎書店版)

・演出/栗谷川 洋
・舞台監督/原 浩
・照明/松村 剛((株)ゴー・ライティング・オフィス)
・音響/齋藤美佐男(TEO 株式会社 東京演劇音響研究所)
・制作/堀 慶子(スタジオデュオ堀慶子事務所)
・イメージイラスト/げんさい
キャスト 堀 絢子
お問い合わせ プーク人形劇場
03-3379-0234
theatre@puk.jp
プーク人形劇場 2015平和企画 公式サイト

チケット発売日

2015年7月1日(水)

入場料金

前売2,200円/当日2,500円(全席自由・税込)

チケット発売窓口

プーク人形劇場 03-3379-0234

チケット販売サイトへ

公演日程

2015年8月5日(水) 〜 8月6日(木)

2015年8月

2 3 4 5
  • 18:30
  •  
  •  
6
  • 11:00
  • 14:00
  •  
7 8

情報登録:プーク人形劇場

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=36976

トラックバック一覧