Utervision Company Japan『【アダムとイヴ、私の犯罪学】いしかわver.』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

Utervision Company Japan

『【アダムとイヴ、私の犯罪学】いしかわver.』公開GP

  • 公演中
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

【アダムとイヴ、私の犯罪学】特設サイト(こちらからもご予約いただけます。)
http://atorietane.wix.com/utervision-company

公演データ

公演期間 2015年10月8日(木)〜10月13日(火)
会場 インストールの途中だビル(光洋ビル)401
〒142-0041 東京都品川区戸越6丁目23-21-401
PR・解説 長野県飯田人形劇フェスタにて上演いたしました
【アダムとイヴ、私の犯罪学】
飯田に続き、いしかわ演劇祭にお招きいただきまして、まさかの金沢にて再上演が決まりました!

キャスト、演出を変更しての上演となります。

東京で公開GPいたしますので、ぜひアダムとイヴの世界へ足をお運び下さい!

これを逃したら2度と観られないかもしれないよ〜♪
さあ、さあ、さ〜〜〜〜〜!!!!!

【アダムとイヴ、私の犯罪学】特設サイト(こちらからもご予約いただけます。)
http://atorietane.wix.com/utervision-company

Utervision Company Japan
2011年に設立されたアーティスト集団。
アートディレクターの佐次えりなを中心に、音楽家、画家、 ダンスアーティスト、コスチューマー、パフォーマーが所属。
南仏のアヴィニョン演劇祭にて“utou”を発表後、東京、南仏、パリ、英国で活動。
音楽、身体、言葉、衣裳、美術、パペットを遣い、創作される 独特な世界は、国内外のアーティストにもファンが多い。
自身の創作活動と並行して、一般の方と作品を創作するワークショップ「ウータビジョンの種」を開催し、9ケ月という 長い時間をかけて参加者と共に創作方法を模索し、作品を 発表している。 3月に参加者と新しい作品を発表する予定。
http://utervision.jp
ストーリー これは寺山修司が描いた、1966年の新宿歌舞伎町、
エデンの3階にあるうらさびれたアパートに住む老いたるアダムとイヴの家族の物語。
パペットと人間が入り交じり、1つの世界を創造します。
人型をツールに人間を魅せる! 子供と大人のパペットシアター。
お問い合わせ Utervision Company Japan
080-6687-6742
atorie.tane@gmail.com
Utervision Company Japan

入場料金

大人1,000円/子供(中学生以下)0円(全席自由・税込)

◯観て面白かった!と満足していただけたら、
 終演後、投げ銭帽子にどしどし札束を入れて下さい。

チケット発売窓口

Utervision Company Japan 080-6687-6742
件名に「アダム予約」、本文に「希望日時、人数、連絡先」を記載して送信して下さい。
atorie.tane@gmail.com
【アダムとイヴ、私の犯罪学】特設サイト(こちらからもご予約いただけます。)
http://atorietane.wix.com/utervision-company

チケット販売サイトへ

公演日程

2015年10月8日(木) 〜 10月13日(火)

上演時間 ◯上演時間は、65分を予定しています。
◯会場は開演の15分前です。
◯全ステージ 25席のみ

2015年10月

4 5 6 7 8
  • 15:00
  • 19:30
  •  
9 10
11 12 13
  • 15:00★
  • 19:30
  •  
14 15 16 17
★のステージは、観たいけれど、13日の昼間しか無理!
 というお客様のための予備日です。
 この日しか来られない方のために、上演いたしますので、
 遠慮なく連絡をください!お待ちしています。

情報登録:Utervision Company Japan

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=37327

トラックバック一覧