劇団1980『ええじゃないか』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

劇団1980

劇団1980 第45回公演

『ええじゃないか』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2006年7月26日(水)〜7月30日(日)
会場 紀伊國屋サザンシアター
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-2
PR・解説  慶応3年(1867)、日本の民衆たちの間で突如爆発的に巻き起こった「ええじゃないか」。
 全国各地で空からお札が降り、人々は“ええじゃないか”の囃し声を叫びながら、男は女装し、女は男装し、群集となって踊り狂ったという。
 時代は幕末末期。徳川封建制度の崩壊、そして明治新政府の誕生という、まさに近代日本への転換期の
真っ只中で起きた名も無き民衆たちのアナーキーな噴流“ええじゃないか”。
 この歴史的事件をもとにカンヌ国際映画祭グランプリ受賞監督・今村昌平が1981年に映画化。
そして、この今村昌平のシナリオを原作として、劇作家・藤田傳が演劇作品として脚色したのが、
この『ええじゃないか』である。
ストーリー 物語の舞台は、江戸“向う両国”。猥雑な見世物小屋が立ち並び、はぐれ者や農村から身売りされた娘たちが生きる江戸一番の盛り場。悪所とも言えるこの一帯に、自由を求めて群がる人間たちのエネルギー。
そして、そのエネルギーを利用して、維新推進を企てる倒幕派の策謀。物価高騰、生活の困窮、海外列強の脅威、続発する一揆…終末的世情に巻き起こった、その熱情と乱舞の正体は一体なんだったのか?
猥雑でしたたかでバイタリティ溢れる群像劇の中に、人間の“生”と“性”への威厳を描き出す物語である。
スタッフ 原作=今村昌平/脚本=藤田 傳/演出=金 守珍(新宿梁山泊)/音楽=元 一 ほか
キャスト 柴田義之/藤川一歩/加瀬愼一/山本隆世/澤 純子/上野裕子/室井美可/福原一臣(黒テント)/近藤弐吉(ワンダープロ) ほか
お問い合わせ 劇団1980チケット専用ダイヤル
03-3321-7898
ikhm-mc@mars.plala.or.jp
劇団1980

チケット発売日

2006年6月26日(月)

入場料金

前売3,300円/当日3,500円(全席指定・税込)

学生/シニア(65歳以上) 前売・当日共 2000円(劇団のみ販売)
日時指定・全席指定
当日券は開場1時間前より受付にて販売

チケット発売窓口

劇団1980 03-3321-7898
FAXの場合 03-3321-9092(24時間受付)
チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:369-887
キノチケットカウンター 店頭販売のみ
(10:00〜18:30 新宿東口 紀伊国屋書店 新宿5階)

公演日程

2006年7月26日(水) 〜 7月30日(日)

上演時間 約2時間

2006年7月

23 24 25 26
  • 19:00
  •  
  •  
27
  • 19:00
  •  
  •  
28
  • 19:00
  •  
  •  
29
  • 14:00
  • 19:00
  •  
30
  • 14:00
  •  
  •  
31          
・開場は開演の30分前です

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=3776

トラックバック一覧