クラウド・ゲイト舞踊団『身体の書 林懐民の行草三部作』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

クラウド・ゲイト舞踊団

ジョン・ケージの音楽が"誘発するアジアの身體美"

『身体の書 林懐民の行草三部作』「行草 貮(II)」「狂草」

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
中面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2006年9月21日(木)〜9月24日(日)
会場 新宿文化センター大ホール
〒160-0022 東京都新宿区新宿6-14-1
PR・解説 タイム誌が選んだアジアのヒーロー!!クラウド・ゲイト舞踊団の創立者で芸術監督の林 懐民は、2006年アカデミー賞を受賞した映画監督アン・リーとともに台湾を代表する世界的芸術家です。自然界から吸収した「気」を高度な技で昇華し、西洋の身体表現では決して演じられることのない独自の方法で、からだから湧き上がる喜びを一生に一度限りの出会いとして革新的総合舞踊芸術に高め、新しい舞踊を確立。林 懐民の必見の水墨的霊動身體!!
ストーリー 身体の書 林 懐民「行草三部作」
――おそらく現在世界で最も重要な舞踊作品
断固主張しよう―ウィリアム・フォーサイス、ハンス・ファン・マーネン、ピナ・バウシュ、そしてマース・カニングハム―彼等を考えにいれてさえ、今日の国際的な舞踊シーンにおいて、芸術的な重要性という意味で林 懐民の「行草三部作」と並ぶ作品はないだろう。アジアの最も重要な振付家であり、また現在クリエイティヴなダンスという分野で活動している芸術家のひとりである彼の「行草三部作」は、退屈で浅薄になってきていたダンスを再び活気づけ――ダンスが驚きに満ちていると知ることになるだろう。
ヨッヘン・シュミット
(「ベルリン・イン・トランジット・フェスティバルに寄す」より)
スタッフ 振付・演出=林 懐民/音楽=ジョン・ケージ(「行草 貳(II)」)/音楽=沈 聖徳、梁 春美(「狂草」)
キャスト クラウド・ゲイト舞踊団
お問い合わせ 日本文化財団
03-3580-0031
日本文化財団

チケット発売日

2006年6月20日(火)

入場料金

S席9,000円/A席7,000円/B席5,000円/C席3,000円(税込)

Sセット券=16,000円(ABプロ。日本文化財団で前売のみ取扱い)

チケット発売窓口

日本文化財団 03-3580-0031

チケット販売サイトへ

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:369-988
ローソンチケット
lawsonticket.com
Lコード:31666
e+(イープラス)
eplus.jp
CNプレイガイド
cnplayguide.com
0570-08-9999(オールジャンル)
新宿文化センター (窓口販売のみ)

公演日程

2006年9月21日(木) 〜 9月24日(日)

2006年9月

17 18 19 20 21
  • 19:00☆
  •  
  •  
22
  • 19:00☆
  •  
  •  
23
  •  ※
  •  
  •  
24
  • 13:00★
  • 17:00★
  •  
25 26 27 28 29 30
☆:Aプロ「行草 貳(II)」 ★:Bプロ「狂草」 ※:23日休演

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=3790

トラックバック一覧