劇団桟敷童子『泥花』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

劇団桟敷童子

炭鉱三部作一挙連続上演

『泥花』…明日ニ、咲ケ!

  • 公演中
  • 当日券情報あり
  • 割引情報あり
拡大画像を見る
表面|
裏面|
中面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

日本経済の成長の礎となった石炭産業の繁栄と衰退を背景に描かれた家族の物語

公演データ

公演期間 2015年11月5日(木)〜11月12日(木)
会場 すみだパークスタジオ(倉)
〒130-0003 東京都墨田区横川1-1-10
PR・解説 劇団桟敷童子の下半期は東憲司の原点であり、代表作である炭鉱三部作を連続上演いたします。「オバケの太陽」(2011年初演)・「泥花」(2006年初演)・「泳ぐ機関車」(2012年初演)の
3作品は炭鉱主だった父のもとに生まれた千鶴・美代・ハジメという三姉弟を通して描かれた作品です。それぞれ単体で上演され、好評を得た作品です。この度この3作品を連続で上演することにより、石炭産業の繁栄と衰退という時代の大きな波に翻弄された家族やその周囲の人々が主役となった大きなドラマが生まれました。
 エネルギーは石炭から石油へ、石油から自然エネルギーへ移行しようとしています。どの時代にも人々の生活の向上の為に必死で働いてきた人たちがいます。この物語を通して今の日本を支えてきた方達へのオマージュになればと思います。
ストーリー あらすじ:1950年代の石炭隆盛期。炭坑で落盤事故が起き、炭鉱主だった父親が蒸発した。残された千鶴、美代、ハジメの三姉弟は追われるように住み慣れた街を出て、親戚のもとに身を寄せる。しかし、ひと月後には三人は離ればなれに暮らすことが決まった。姉弟たちが一緒に過ごす最後のひと夏の物語。
スタッフ 作:サジキドウジ 演出:東憲司 美術:塵芥 照明:Jimmy 劇中歌作曲:もりちえ
キャスト 池下重大 板垣桃子 原口健太郎 稲葉能敬 鈴木めぐみ 外山博美 川原洋子 桑原勝行 山本あさみ もりちえ 新井結香 椎名りお 大手忍 深津紀暁 升田茂 鈴木歩己
お問い合わせ 劇団桟敷童子
03-3375-8288
s-douji@imail.plala.or.jp
劇団桟敷童子WEB

チケット発売日

2015年9月13日(日)

入場料金

指定席3,800円/自由席:一般3,500円/自由席:学割3,300円/自由席:墨田区民3,300円(税込)

指定3,800円/5日全自2,800円、自由3,500円/学生3,300円/当日3,800円
※11/5(木)19:30は割引day!《全席自由》前売・当日一律2,800円

チケット発売窓口

劇団桟敷童子 03-3375-8288

チケット販売サイトへ

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:446-045
e+(イープラス)
eplus.jp
当日券情報 開演1時間前より劇場にて販売
割引情報 ※11/5(木)19:30は割引day!《全席自由》前売・当日一律2,800円

公演日程

2015年11月5日(木) 〜 11月12日(木)

上演時間 約1時間40分

2015年11月

1 2 3 4 5
  •  
  •  
  •  
  • 19:30※
6
  • 14:00
  •  
  • 19:00☆
7
  •  
  • 13:00
  • 18:00
8
  • 13:00
  •  
  •  
9
  •  
  •  
  • 19:00◎
10
  • 14:00
  •  
  • 19:00
11
  • 14:00
  •  
  • 19:00☆
12
  • 14:00
  •  
  •  
13 14
※…割引day《全席自由》前売・当日一律2,800円
☆…バックステージツアー(終演後開催)
◎…談話会(終演後開催)

開場は開演の30分前(受付開始は開演の1時間前)
・開演5分前までのご着席にご協力ください
・小学生未満のお子様のご入場をお断りする場合がございます

情報登録:劇団桟敷童子

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=37968

トラックバック一覧