桃と団地妻『慟哭は戯言』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

桃と団地妻

桃と団地妻 本公演vol.2

『慟哭は戯言』

  • 公演中
  • 当日券情報あり
拡大画像を見る
表面|
裏面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2015年12月1日(火)〜12月6日(日)
会場 Gallery LE DECO
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-16-3 ルデコビル
ストーリー テレビから流れる一本のニュース。
よくある殺人事件のニュース。
普段だったら気に留める事も無かった。
でもこの日から全てが壊れていった。

事件によって被害を受けるのは被害者だけではない。
報道では伝わらない加害者家族の事件後の実態を描く「ドウコク編」

何故殺さなければいけなかったの?
事件の奥にある犯人しか知り得ない真実を描く「ザレゴト編」


それはよくある光景。
○月○日17時のニュース。
東京都杉並区のアパートの一室で女性の遺体が発見されました 。
警察は殺人事件として捜査を進めています。

テレビから流れてくるこれは日常。
目と耳に流れては抜け落ちるありふれた日常。

○月×日17時のニュース。
昨夜未明、杉並区の女性殺人事件の容疑者として男を殺人の容疑で逮捕しました。
男は警察の取り調べに対し黙秘を続けている模様です。

テレビから流れてくるこれは日常。
目と耳に流れては抜け落ちるありふれた日常。

でも画面を通しての日常からは真実は必ずしも見えてくるとは限らない。

そして画面の中の登場人物達の日常は全て壊されてしまう。

容疑者

被害者

容疑者の家族

被害者の家族

何故?どうして?

でも画面の外には真実は伝わらない。
そして画面の中にも真実は伝わらない。

真実を知っているのはただ一人。
スタッフ 脚本:山副昌久
演出:松井カズユキ(PEACEWAKER),山副昌久
作曲:ウサギ先生
キャスト 秋元良介/五十里直子/菊地郁恵/鴻森久仁男(はっぽる☆し ゅてぬ〜る)/冨岡峻佑/山崎拓也/山副昌久(桃と団地妻)五十音順
お問い合わせ 桃と団地妻
peachwife@outlook.jp
桃と団地妻公式HP

チケット発売日

2015年11月1日(日)

入場料金

(前売)一般3,500円/(前売)AB共通6,000円/(当日)一般3,800円/(当日)AB共通6,600円/リピーター3,000円(全席自由・税込)

チケット発売窓口

コリッチ

チケット販売サイトへ

当日券情報 開演30分前より劇場にて販売

公演日程

2015年12月1日(火) 〜 12月6日(日)

上演時間 約90分

2015年12月

    1
  • 19:30A
  •  
  •  
2
  • 14:00B
  • 19:30A
  •  
3
  • 14:00A
  • 19:30B
  •  
4
  • 14:00B
  • 19:30A
  •  
5
  • 13:30A
  • 19:00B
  •  
6
  • 13:30B
  •  
  •  
7 8 9 10 11 12
A…ドウコク編
B…ザレゴト編

情報登録:桃と団地妻

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=38146

トラックバック一覧