NPO法人らふと『身体の知覚 カラダノチカク vol.4』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

NPO法人らふと

『身体の知覚 カラダノチカク vol.4』喜多尾 浩代/田辺 知美/阿久津 智美

  • 公演中
  • 割引情報あり
拡大画像を見る
表面|
裏面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2016年1月8日(金)〜1月10日(日)
会場 オルタナティブスペースRAFT
〒164-0001 東京都中野区中野1-4-4
PR・解説 遠くの音を聞いたり、風を感じたりするとき、
五感ではくくれない身体の知覚が
働いているのではないか……。

様々な表現は大抵の場合、
何かを媒介として他者と物事を共有します。
例えば詩や文学は言葉、音楽はメロディや音、
美術は色彩や空間。演劇、ダンスは声や身体の動き。

この「身体の知覚〜カラダノチカク〜」では、
認識しきれない「知覚」そのものを媒介としながら、
その場や時間を、そこにいる方々と
共有することを可能にするには どうしたら良いのか?
また、そのためには身体が どうあるべきなのか、
様々な取り組み方法によって模索していきます。

喜多尾 浩代さんが中心となり、身体の知覚を頼りに
表現を探っている方々にお声をお掛けして開催しています。

今回は、喜多尾さん、阿久津 智美さん、
田辺 知美さんの探求から、
普段は意識しない、誰もが持つ身体の知覚の可能性を
再発見したいと思います。

皆さまと、身体の知覚を通して、
出会うことができれば幸いです。
ストーリー ■喜多尾 浩代 公演
 イマジネーションから少し離れたところにある
『予期せぬ感覚』との出会いを
 大切にしていると、
 心に留めていたモノゴトから
 少し離れたところにある
『感覚の溜まり』に気がつき 息を呑む。
 カラダノチカクを 観る人に
 発生するモノとして… 空間を浸透させ、
 世界と そして あなたと 向き合うために、
 静かに 激しく ココにいる。

■田辺 知美 公演
 カラダノチカク・・・
 床(ゆか)に身体を打ち付けると
「痛い」と感じる私がいた。
 そのような存在の確かめ方から、
 私の踊りが始まった。

■阿久津 智美 公演
 ある感覚を手がかりに、
 すべてをみたいと思うし、
 すべてを知りたくて目をつむりたくなる。
 となりの人と話していても遠くを呼び続ける。
 とどかなくてもいい。
 それは祈りのようなもの。
キャスト 1月8日(金) 20:00 開演 喜多尾 浩代 公演
1月9日(土) 18:00 開演 田辺 知美 公演
1月10日(日) 18:00 開演 阿久津 智美 公演
お問い合わせ NPO法人らふと
03-3365-0307
RAFT

入場料金

予約2,000円/当日2,300円(全席自由・税込)

チケット発売窓口

NPO法人らふと 03-3365-0307

チケット販売サイトへ

割引情報 2公演セット(予約のみ扱い)3500円
3公演セット(予約のみ扱い)4500円

公演日程

2016年1月8日(金) 〜 1月10日(日)

2016年1月

3 4 5 6 7 8
  • 20:00A
  •  
  •  
9
  • 18:00B
  •  
  •  
10
  • 18:00C
  •  
  •  
11 12 13 14 15 16
A 喜多尾 浩代 公演
B 田辺 知美 公演
C 阿久津 智美 公演

情報登録:NPO法人らふと

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=38329

トラックバック一覧