三重県文化会館『国道、業火、背高泡立草』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

三重県文化会館

Re:クリエイション・プロデュース 烏丸ストロークロック

『国道、業火、背高泡立草』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2016年1月30日(土)〜1月31日(日)
会場 三重県文化会館 小ホール
〒514-0061 三重県津市一身田上津部田1234
PR・解説 2013年初演。ツアー各地で賞賛を浴び、劇団初公演地だった広島では追加公演を行うなど大きな話題となった佳作を、2014年「短編 神ノ谷第二隧道」を経て大幅に加筆、さらなる深化を遂げる“Re”クリエイション作品。
経済に翻弄され金を追い続けた人物とその業。日本の宿痾を架空の町から透かし見る、烏丸ストロークロックの大栄町シリーズ最新作。
ストーリー 輸送トラックが行き交う、国道9号線沿いの町「大栄町」。
昭和の高度経済成長期に地元出身の国会議員がもたらした土木利権で興ったその町も、時代の移ろいと政治家の死によって過疎化が進んでいた。
時は平成。大いなる栄華をもう一度と、次の権力者擁立を企てる町議選に人々が白熱するある日、大栄町に大川祐吉が帰ってくる。
人々は驚いた。なぜなら、20年前に広大な山林を焼失させ、逃げるようにこの町を去っていった、あの“ビンホーのユーキチ”が今ごろになって現れたからだ。
駅に降り立ち、スーツケースを引きずりながら国道を彷徨する男の姿は瞬く間に町中に喧伝され、人々はその不気味な報せに警戒する。
みな、ひとえに、祐吉の復讐に怯えていた…。
スタッフ 作・演出/柳沼昭徳
音楽/山崎昭典、中川裕貴
演出助手/柏木俊彦
舞台監督/山中秀一
舞台美術/杉山至
照明デザイン/魚森理恵
照明操作/尾崎翔
音響/小林祐也
宣伝美術/清水俊洋
制作/富田明日香
協力/有限会社現場サイド、有限会社アトリエ、第0楽章、てんぷくプロ、K.I.T、わっしょいハウス、有限会社レトル、quinada、京都芸術センター制作支援事業
助成/一般財団法人地域創造
後援/特定非営利活動法人京都舞台芸術協会
製作協力/烏丸ストロークロック
キャスト 阪本麻紀、桑折現、今井美佐穂、小熊ヒデジ、新田あけみ、浅井浩介、イトウエリ
お問い合わせ 三重県文化会館チケットカウンター
059-233-1122
三重県文化会館WEB

チケット発売日

2015年11月14日(土)

入場料金

一般2,500円/25歳以下1,500円(全席自由・税込)

整理番号付き自由席
※未就学児入場不可
※演出の都合上、開演後はご入場をお待ちいただく場合がございます

チケット発売窓口

三重県文化会館チケットカウンター 059-233-1122
10:00〜19:00 月曜休館。月曜祝日の場合は翌平日
三重県文化会館WEBチケットサービス エムズネット

チケット販売サイトへ

劇団サイト予約受付

チケット販売サイトへ

公演日程

2016年1月30日(土) 〜 1月31日(日)

2016年1月

24 25 26 27 28 29 30
  • 16:00
  •  
  •  
31
  • 14:00
  •  
  •  
           
※受付開始は開演の45分前、開場は開演の30分前

情報登録:三重県文化会館

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=38434

トラックバック一覧