燐光群+グッドフェローズ プロデュース『組曲 二十世紀の孤独』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

燐光群+グッドフェローズ プロデュース

SPACE雑遊 オープニング企画

『組曲 二十世紀の孤独』「蝶のやうな私の郷愁」「さすらい」「壊れた風景」

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2006年8月1日(火)〜9月10日(日)
会場 SPACE雑遊
〒160-0000 東京都新宿区新宿3-8-8 新宿O-TビルB1F
PR・解説  演劇とは何か。戯曲とは何か。現在とは何か。人間とは何か。
「組曲 二十世紀の孤独」は、二十世紀に書かれた日本の戯曲を連作として再構成し、演劇と世界の変遷を見つめ直そうとする作業です。
 二十世紀の日本のどこかに於いて、固有の場所で、それぞれの孤独を噛みしめながら佇む人々……。『組曲 二十世紀の孤独』は、次の三つの作品により構成されています。

1991年の松田正隆作『蝶のやうな私の郷愁』

1989年の坂手洋二作『さすらい』

1976年の別役実作『壊れた風景』

 選ばれた三作品は、演劇ならではの手法で、社会・人間・文化、個人的あるいは歴史的な出来事にまつわる言語を構成することで、私たちにとっての二十世紀は何であったかを問い直すものです。
 今夏、新宿にオープンする空間「雑遊」という未知の場所で、既存の劇場とは違う多様性を持った空間自体の特性と向き合いながら、継続的な実験作業を展開します。
ストーリー 『蝶のやうな私の郷愁』は、松田正隆による二人芝居。演出は『ブラウニング・バージョン』等で高い評価を得ている自転車キンクリートの鈴木裕美。出演は、昨年カンヌ映画祭で脚光を浴びた映画『バッシング』に主演し、松田作品にも数多く出演している占部房子と、『セパレート・テーブルズ』に続き出演を決めた坂手洋二の競演に期待が持たれます。

『さすらい』は、昭和が終わった後の混沌とした日本を放浪する人たちを描きます。坂手がドストエフスキーの『白痴』に触発され、リアルな現実に対して幻想的な劇世界の構築を試みた作品です。演出は、多くの蜷川幸雄作品に演出助手として参加し、2年前『犀』で演出家デビューし注目を集めた、おおこうちなおこ。満を持して第二回演出作品に挑みます。

『壊れた風景』は別役実が七十年代後半、高度成長の陰に取り残された小市民たちの姿を鋭く描く不条理かつリアルな劇です。昨年北九州芸術劇場『地蔵さんが転んだ』の演出で成果を示した川畑秀樹により四年前上演されました。今、松田・坂手戯曲と並べて再演されることにより、二十世紀の人間たちの姿を描く連作の掉尾を飾るにふさわしい充実した上演が期待されます。
スタッフ 作=松田正隆(蝶のやうな私の郷愁)/演出=鈴木裕美(蝶のやうな私の郷愁)/作=坂手洋二(さすらい)/演出=おおこうちなおこ(さすらい)/作=別役実(壊れた風景)/演出=川畑秀樹(壊れた風景)
キャスト 占部房子(蝶のやうな私の郷愁)/坂手洋二(蝶のやうな私の郷愁)/鴨川てんし(さすらい)/猪熊恒和(さすらい)/宮島千栄(さすらい)/向井孝成(さすらい)/江口敦子(さすらい)/久保島隆(さすらい)/杉山英之(さすらい)/桐畑理佳(さすらい)/阿諏訪麻子(さすらい)/安仁屋美峰(さすらい)/樋口史(さすらい)/中山マリ(壊れた風景)/川中健次郎(壊れた風景)/樋尾麻衣子(壊れた風景)/内海常葉(壊れた風景)/ペ優宇(壊れた風景)/小金井篤(壊れた風景)/坂井香奈美(壊れた風景) ほか
お問い合わせ 燐光群/(有)グッドフェローズ
03-3426-6294
rinkogun@alles.or.jp
燐光群

チケット発売日

2006年7月9日(日)

入場料金

前売券(3作品通し券)6,000円/パート券(1作品分)2,500円/当日2,800円(税込)

※日時指定自由席(整理番号付)
※パート券前売・・・前公演の半券持参で¥500引き、両公演の半券持参で¥1000引き
★池林房で半券・前売券提示すると一杯サービス

チケット発売窓口

燐光群/(有)グッドフェローズ 03-3426-6294

チケット販売サイトへ

公演日程

2006年8月1日(火) 〜 9月10日(日)

2006年8月

    1
  •  
  • 19:00A
  •  
2
  •  
  • 19:00A
  •  
3
  • 15:00A
  • 19:00A
  •  
4
  •  
  • 19:00A
  • 22:00A
5
  • 15:00A
  • 19:00A
  •  
6
  • 15:00A
  •  
  •  
7
  •  
  • 20:00A
  •  
8
  • 15:00A
  • 19:00A
  •  
9
  •  
  • 19:00A
  •  
10
  • 15:00A
  • 19:00A
  •  
11 12
13 14 15 16
  •  
  • 20:00B
  •  
17
  •  
  • 19:00B
  •  
18
  •  
  • 19:00B
  •  
19
  • 14:00B
  • 19:00B
  •  
20
  • 14:00B
  • 19:00B
  •  
21 22
  •  
  • 19:00B
  •  
23
  • 14:00B
  • 19:00B
  •  
24
  •  
  • 19:00B
  •  
25
  •  
  • 20:00B
  •  
26
  • 14:00B
  • 19:00B
  •  
27
  • 14:00B
  •  
  •  
28 29 30 31    

2006年9月

3
  •  
  • 19:00C
  •  
4
  •  
  • 19:00C
  •  
5
  •  
  • 19:00C
  •  
6
  • 14:00C
  • 19:00C
  •  
7
  •  
  • 19:00C
  •  
8
  •  
  • 20:00C
  •  
9
  • 14:00C
  • 19:00C
  •  
10
  • 14:00C
  •  
  •  
11 12 13 14 15 16
A=蝶のやうな私の郷愁
B=さすらい
C=壊れた風景

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=3855

トラックバック一覧