sons wo:『水』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

sons wo:

『水』

  • 公演中
  • 当日券情報あり
  • 割引情報あり
拡大画像を見る
表面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2016年3月15日(火)〜3月21日(月・祝)
会場 アトリエ春風舎
〒173-0036 東京都板橋区向原2-22-17
PR・解説 sons wo:新作を注目の若手演出家 蜂巣ももが演出

sons wo: は 2013 年にフェスティバル/トーキョー13 公募プログラムに参加、以後、利賀 演劇人コンクール 2014 にて奨励賞受賞、その独特な言語表現や演技法が飴屋法水氏、佐々木敦氏などから絶賛され、近年多くの場所で注目を集め評価を高めつつあります。
今回は sons wo: として初めて外部から演出家・蜂巣もも氏を招き、カゲヤマ気象台の新作戯曲を上演する公演となります。イメージが飛躍していくカゲヤマの言葉が他者によって再構成されることで、より強い『劇』が生まれ、そしてその『劇』が、「戯曲とは何か」「演出とは何か」ということを問い直すきっかけになればと思います。
青年団に所属し、若手演出家として注目を集める蜂巣氏の演出と、カゲヤマ気象台の戯曲が出会ってどんな作品が生まれるか、是非ともご期待ください。
ストーリー 池があり、しずくが落ちて3人の人物が現れる。
3人はそれぞれに自分の過去について語る。池に自分の娘を落としてしまった話、失踪した話、
将来の見通しがわからなくなり海に行った話など。
彼らの生は本物かもしれないし、あるいはただ演じられているだけなのかもしれない。
彼らは実は家族であるのかもしれないが、そのつながりははっきりとは明示されないまま物語は進む。
最後は池の水位が上がり、3人とも飲み込まれて消える。
スタッフ 作=カゲヤマ気象台、演出=蜂巣もも(青年団演出部)
舞台監督・照明=黒太剛亮、美術=渡邊織音、音響=カゲヤマ気象台、宣伝美術=池田嘉人、制作=水谷円香
キャスト 伊藤彩里、兼桝綾、串尾一輝(青年団)
お問い合わせ sons wo:
090-4150-2881
sonswo@gmail.com
sons wo:
Twitter @sonswo

チケット発売日

2015年12月23日(水・祝)

入場料金

予約2,500円/当日2,800円/早割2,000円(全席自由・税込)

チケット発売窓口

sons wo: 090-4150-2881
http://u0u0.net/pc9F

チケット販売サイトへ

当日券情報 開演30分前より劇場にて販売
*詳細はお問い合わせを
割引情報 15日19:30、16日19:30、17日14:00のみ早割料金。通常料金2,500円→2,000円

公演日程

2016年3月15日(火) 〜 3月21日(月・祝)

上演時間 約1時間15分

2016年3月

13 14 15
  • 19:30◎
  •  
  •  
16
  • 19:30★
  •  
  •  
17
  • 14:00◎
  • 19:30
  •  
18
  • 19:30
  •  
  •  
19
  • 14:00
  • 18:30
  •  
20
  • 14:00
  •  
  •  
21
  • 14:00
  •  
  •  
22 23 24 25 26
◎=早割料金
★=上演終了後にアフタートークを開催します。ゲスト:山崎健太氏(演劇研究・批評)、早割料金

情報登録:sons wo:

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=38556

トラックバック一覧