reset-N『パンセ2006』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

reset-N

reset-N ver.21.0

『パンセ2006』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2006年7月15日(土)〜7月19日(水)
会場 ザ・スズナリ
〒155-0031 東京都世田谷区北沢1-45-15
PR・解説 2003年5月・ドラマリーディング公演"re-vo."で発表された『パンセ』。同年11月に舞台化。自己利益追求、経済至上主義が台頭している現代社会において、人が失ってしまった倫理観・人間の尊厳・社会の基本原理はもう取り戻せないのか。そんな未成熟な「社会」でどう生き抜くべきかを問うその内容に、演劇界のみならず多方面で大きな議論を呼んだ。2006年1月、横浜・BankART STUDIO NYKで行われたドラマリーディング『パンセ2006のために』を経て、7月全く新しい『パンセ2006』として改訂再演が決定。
ストーリー 大手出版社に籍を置く編集者、ヨシムラ。まったく新しい雑誌を創るべく、日々取材を重ねていた。その雑誌は「広告主体ではなく、読者一人一人の怒りを丹念に取材、真実を追求し誌面に編み上げる」という、いわば告発と復讐の雑誌だった。ヨシムラを始め、それを慕う部下や同僚たちは取材対象となる無数の「怒り」に真摯に耳を傾け、抱えきれぬほどの「負の要素」に疲弊させられていく。
そんな時、採算度外視の雑誌を出すにあたり経営陣への説得に手を貸したヨシムラの上司が編集部に現れる。一週間近く、取材に出ていることを聞かされる部下達。創刊寸前こぎ着けながら、編集長であるヨシムラのスキャンダルに編集部は揺れる。
そして数週間後、ヨシムラは身元不明の女性とともに焼死体となって発見される。
遺品として見つかった一冊の手帳。
そこには彼の、謎の死を解明する唯一の手がかりになる「日記」が書かれていた。
スタッフ 作・演出=夏井孝裕/グランドデザイン=massigla lab./舞台監督=小野八着(JetStream)/照明=木藤歩(balance,inc.)/演出助手=あらいひろこ(遊幻サーカス)/宣伝写真=御嶽亜由美/宣伝美術=quiet desgin productions/制作=河合千佳
キャスト 町田カナ/久保田芳之/原田紀行/平原テツ/長谷川有希子/奥瀬繁(幻の劇団見て見て)/勢登健雄(オフィス・ヒューリッド)
お問い合わせ reset-N制作部
050-7523-2693
info@reset-n.org
reset-N

チケット発売日

2006年6月14日(水)

入場料金

前売り3,200円/当日2,800円/プレビュー公演2,000円/都外割引・22歳以下2,000円(全席自由・税込)

プレビュー公演、都外割引、22歳以下は予約受付のみ。
都外割引、22歳以下は当日証明出来るものをご提示ください。

チケット発売窓口

reset-N制作部

チケット販売サイトへ

ザ・スズナリ 04-3469-0511

公演日程

2006年7月14日(金) 〜 7月19日(水)

上演時間 約1時間30分

2006年7月

9 10 11 12 13 14
  • 19:30★
  •  
  •  
15
  • 15:00
  • 19:30
  •  
16
  • 15:00
  • 19:30
  •  
17
  • 15:00
  •  
  •  
18
  • 19:30
  •  
  •  
19
  • 15:00
  • 19:30
  •  
20 21 22
7月14日(金)19:30開演はプレビュー公演

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=3866

トラックバック一覧