『青春音楽活劇「詭弁・走れメロス」』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

『青春音楽活劇「詭弁・走れメロス」』

  • 公演中
  • 当日券情報あり
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2016年4月29日(金・祝)〜5月8日(日)
会場 シアターサンモール
〒160-0022 東京都新宿区新宿1-19-10 サンモールクレストB1
PR・解説 森見登美彦版・抱腹絶倒の「走れメロス」
伝説の阿呆舞台が堂々復活!!

森見登美彦がかの名作をベースにおなじみ腐れ大学生を描いた『新釈 走れメロス』。この爆笑の短編小説は、脚本・演出にカムカムミニキーナの松村武、ステージングにカンパニーデラシネラの小野寺修二を迎え、アトリエ・ダンカンプロデュースにより、2013年、音楽劇として舞台化されました。森見登美彦氏の小説と言えば、大仰で文学的、かつユーモラスな文体が特徴的。そこで松村武氏は、小説中の文章すべてをモノローグとして台詞にし、1本の短編小説をそのまままるごと演劇化するという驚きの手法を取りました。また、少人数の俳優が、パントマイムなどのあらゆる身体表現で、道行く人や乗り物、街並みや風景に至るまで、ありとあらゆるものに扮し、表現しながら、大学生が京都の町を疾走し駆け抜ける情景を見事に現してみせ、突き抜けたテンションで、しかし大真面目に「馬鹿馬鹿しさ」に挑むその過剰とも言えるエネルギーは、終始観客を圧倒、絶大な支持を受けました。
続いて翌年にはシリーズとして『有頂天家族』も舞台化され、さらに次作が期待されるところでしたが、そんな折、企画製作会社がまさかの倒産!継続を望む多くのお客様に惜しまれながら、シリーズ上演は中断せざるをえない事態となりました。それから約2年半。関係各所に多大なご協力を得、どうにかこうにか、遂にシリーズが復活を果たします。再び終結する機会を得た我々は、さらなる阿呆の極北をただひたすらに目指し、進むのみ。乞うご期待!
ストーリー 汚い下宿で惰眠をむさぼりながら落第を重ねてきた阿呆大学生・芽野史郎。
邪悪に敏感である芽野は、大学を牛耳る図書館警察長官に奪われた「詭弁論部」の部室を取り戻そうとするが、逆に捉えられ、大学祭の特設ステージにて「美しき青きドナウ」に合わせ、ブリーフ一丁で踊ってみせろと迫られる。
だが芽野は、用事を済ませるため、1日の猶予を乞い、代わりに同じ「詭弁論部」の親友・芹名を人質として置いていくことを約束してしまう。連れてこられた芹名は、無言で頷き、芽野と固い握手を交わすのだった。
芽野は駆け出し、その様子を見守りながら、僅か人を信じる気持ちを芽生えさせようとしていた図書館警察長官に、取り残された芹名は、傲然と言い放つ。
「あいつは戻らんぜ。俺の親友が、そう簡単に約束を守ると思うなよ。」
河原町から烏丸へ地下道を駆け抜け、阪急・桂駅で立ち回り、嵐山へ――。かくして、芽野の逃走劇が始まるのであった。
「俺は約束を守るわけにはいかない。そんなつまらぬ羽目になっては芹名に申し訳ない。彼の期待にこたえなければ。」
ひねくれものの男たちの、熱き友情の物語。
スタッフ 原作:森見登美彦 『新釈 走れメロス 他四篇』/祥伝社文庫刊
脚本・演出:松村 武
振付:小野寺修二
音楽:土屋玲子
キャスト 武田航平 中村優一  新垣里沙 /
荒谷清水 小手伸也 小林至 高木俊 上田悠介 / 市川しんぺー  
お問い合わせ パパゲーノ
info@papageno-net.com
青春音楽活劇『詭弁・走れメロス』特設サイト

チケット発売日

2016年2月11日(木・祝)

入場料金

6,500円(全席指定・税込)

チケット発売窓口

パパゲーノ

チケット販売サイトへ

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:449-059

チケット販売サイトへ

ローソンチケット
l-tike.com
0570-084-003
Lコード:33366
京都公演:0570−084−005(Lコード :55509)

チケット販売サイトへ

e+(イープラス)
eplus.jp
0570-06-9993 eコード:088077

チケット販売サイトへ

カンフェティ

チケット販売サイトへ

京都劇場(京都公演)

チケット販売サイトへ

当日券情報 開演1時間前より劇場にて販売
https://twitter.com/kibenronbu

公演日程

2016年4月29日(金・祝) 〜 5月8日(日)

上演時間 約1時間30分

2016年4月

24 25 26 27 28 29
  •  
  •  
  • 17:00
30
  • 13:00
  •  
  • 17:00

2016年5月

1
  •  
  • 14:00
  •  
2
  •  
  •  
  •  
  • 19:00
3
  •  
  •  
  • 17:00★
4
  • 13:00★
  •  
  • 17:00◎
5
  •  
  • 14:00◎
  •  
6
  •  
  •  
  •  
  • 19:00
7
  • 13:00
  •  
  • 17:00
8
  •  
  • 14:00
  •  
9 10 11 12 13 14
★…終演後<後夜祭トークステージ>あり ◎…終演後<後夜祭イベントステージ>あり
【東京公演】※開場は開演の30分前 ※未就学児童のご入場はご遠慮ください。


【京都公演】
2016年5月14日(土) 13:00 / 17:30
※開場は開演の30分前、ロビー会場は開演の1時間前

情報登録:papageno

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=38704

トラックバック一覧