村川拓也『終わり』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

村川拓也

KYOTO EXPERIMENT 2016 SPRING フリンジ企画「オープンエントリー作品」

『終わり』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2016年3月25日(金)〜3月27日(日)
会場 アトリエ劇研
〒606-0856 京都府京都市左京区下鴨塚本町1
PR・解説 2015年に上演された村川拓也の二作目となるダンスを扱った舞台作品『終わり』。
今回の作品は同作品を新たに作り直した、フルバージョンの新作。

これはダンス作品なのかどうか分からない。ただ私が一緒に作品を作りたいと思った二人がたまたまダンサーだった。だからダンス作品を作るというのは後付けであって、
本当に大事な事は「〜作品」の前にある。いつもそこからしか作品なんて生まれない。ーーーーー村川拓也

二人のダンサー、倉田翠と松尾恵美。彼女達は学生時代から現在に至るまで、共にダンス作品を作ってきた。今回、演出の村川は彼女達がかつて踊った振り付けに着目し、膨大な過去の振り付けの中からいくつかの振り付けを選び取り、現在の彼女達に踊らせる。昔話を語りだす時のようにかつての振り付けを踊る時、彼女達自身の記憶も同時に蘇ることになるだろう。また、時の流れは物質的な変化を与え、体力や運動能力の劣化を意識せざるを得ない。過去の振り付けに踊らされる現在の彼女達は、葛藤や矛盾、苛立の渦に巻き込まれながらも、その感情が起爆剤となり自らの踊る意思を獲得するだろう。同時に、かつての自分達の踊りにさよならを言い続ける行為となるのかもしれない。それは、今が今まさに終わっていく終着の起点としての現在時を想起させる試みに繋がるのかもしれない。
スタッフ 演出 村川拓也
キャスト 出演 倉田翠 松尾恵美
お問い合わせ 制作担当
070-6925-5835
rakawta@gmail.com
終わり特設サイト

チケット発売日

2016年2月1日(月)

入場料金

一般前売2,300円/一般当日2,500円/学生前売2,000円/学生当日2,300円(全席自由・税込)

チケット発売窓口

村川拓也 070-6925-5835
メールでのご予約はお名前、電話番号、券種、ご希望のお日にちを明記の上
rakawta@gmail.comにお申し込み下さい。

チケット販売サイトへ

公演日程

2016年3月25日(金) 〜 3月27日(日)

2016年3月

20 21 22 23 24 25
  • 19:00
  •  
  •  
26
  • 19:00
  •  
  •  
27
  • 15:00
  •  
  •  
28 29 30 31    

情報登録:トヨヤマヨシミ

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=38795

トラックバック一覧