劇団アルファー『−2011・3・11− ふるさとは今もかわらず』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

劇団アルファー

劇団アルファー本公演 Vol.22

『−2011・3・11− ふるさとは今もかわらず』

  • 公演中
  • 当日券情報あり
拡大画像を見る
表面|
裏面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2016年3月31日(木)〜4月3日(日)
会場 座・高円寺
〒166-0002 東京都杉並区高円寺北2-1-2
PR・解説 どの顔にも幸せが一杯輝いていた。
それぞれの日常がそこにあった。
2011年3月11日14時46分18秒まで・・・

絶望の先ある希望に向って、明るく、力強く、一歩一歩・・・
人々の温かさはかわらない。
ふるさとの温かさはかわらない。
『未来へ進め・・・』

東日本大震災から5年。復興をテーマに。その先にある『未来・希望・夢』そして、それに向かって様々な困難と闘いながら、突き進んでいく姿を描いていく。
ストーリー 2011年を迎え、門脇源太郎の家では大漁旗を神棚の前にひろげ、家族一同が新年の祝宴で賑わっていた。上機嫌の源太郎は声を張り上げ、十八番の『斎太郎節(大漁唄い込み)』を唄っている。老妻の志麻、長男の源市、妻の貞子、その長男源喜が手拍子を合せている。どの顔にも幸せが一杯輝いていた。
市内でバレエ団を結成して若い才能を育てている江尻香苗も、結成10周年を迎える3月11日に記念発表会を控え、若い団員たちも正月返上で全員が集り、フィナーレのラヴェルの『ボレロ』で盛り上げて終わるプログラムだったから、練習に汗を流していた。
3月11日
早朝に源太郎は港を出港した。
江尻バレエ団では、10周年記念発表会の会場に集まり、最後の仕上げの練習を終えていた。香苗は団員たちにひとりひとりの手を握りしめて激励した。
その時、足許が大きくグラグラっと揺れた!
福島県、宮城県、岩手県の沿岸は未曾有の大津波に呑み込まれた...
スタッフ 舞台監督・美術/田澤博 照明/今西俊夫 音楽/山本真央 振り付け/安間千紘 
音響/伊藤香織 総合制作/真山こうこ  
挿入歌/作詞・作曲 新沼謙治 「ふるさとは今もかわらず」
キャスト 洲矢新吾 上月左知子 安間千紘 和田洋一 関節夫 土田保 徐頼子 野沢美喜 鈴木達也 Shinyong 三田ちとせ
真上さつき 鍋田章 他
お問い合わせ 劇団アルファー
0422-71-7730
info@gekidan-alpha.com
劇団アルファーホームページ

チケット発売日

2017年1月16日(月)

入場料金

前売り4,500円/当日5,000円(全席指定・税込)

チケット発売窓口

劇団アルファー 0422-71-7730

チケット販売サイトへ

当日券情報 開演1時間前より受付にて販売

公演日程

2016年3月31日(木) 〜 4月3日(日)

上演時間 約2時間10分

2016年3月

27 28 29 30 31
  • 14:00
  • 19:00
  •  
   

2016年4月

          1
  • 14:00
  • 19:00
  •  
2
  • 14:00
  • 19:00
  •  
3
  • 11:00
  • 15:00
  •  
4 5 6 7 8 9

情報登録:劇団アルファー

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=38802

トラックバック一覧